image

ハイポイントから最大4つのM.2 NVMe SSDを搭載できるPCI-Express 3.0 x16スロット対応の拡張カード「SSD7101A-1」

HighPoint(ハイポイント)からPCIe3.0X4接続のM.2 2280 NVMe SSDを4つまで搭載可能なPCI-Express 3.0 x16スロット対応の拡張カード「SSD7101A-1」が登場、2017年7月28日(金)より販売を開始している。 対応ストレージはSamusung SSD 960EVO、960PROシリーズなど。

ビュー: 8386
公開日: 2017-07-28
image

HighPoint(ハイポイント)からPCIe3.0X4接続のM.2 2280 NVMe SSDを最大4つまで搭載可能なPCI-Express3.0 X16スロット対応のストレージ拡張カード「SSD7101A-1」が登場、2017年7月28日(金)より販売を開始している。

image

主な特長

PCIe3.0X4 NVMe M.2 2280 SSDを4本、PCI-Express3.0(X16)帯域幅の拡張カード本体に搭載する事で、最大128Gbpsの帯域幅を活用した効率的な高速転送が可能になるパワフルな製品。

image

ただし、CPUのPCI-Express3.0を16レーン使用するので推奨環境はインテルX99やX299、 C612チップセット搭載マザーボード採用システム向けとなる。 推奨ストレージも現状ではSamsung 960EVO、960PROのみと限られている点も留意したい。

image

主な仕様は、PCとの接続はPCI-Express 3.0 x16、搭載可能ストレージはM.2 2280 NVMe SSD x4、対応RAIDレベルはRAID 0/1/5/10/JBOD (RAID 5/10モード時はTRIM非対応)、冷却ファンは50mmサイズのブロアータイプ、サイズは213.1mm(L)x127mm(D)x21.59mm(H)。

対応OSはWindows 10 64bit/Linux Kernel 3.3以降、付属品はSSD7101A-1 RAID Controller x1、クイックインストレーションガイドなど。

最大4枚のM.2 2280 NVMe SSDを搭載できる、圧倒的な転送速度を実現するRAIDコントローラー
取扱終了
詳しく見る

関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。