image

完全新設計スイッチ採用と1,680万色ライティングに対応した定番左手用キーパッド「Razer Orbweaver Chroma」販売開始

2015年8月5日にRazer社が発表したRazer Orbweaverの後継機種にあたるゲーマー向け左手用キーパッド「Razer Orbweaver Chroma」の発売が2015年11月27日より開始された。完全新設計の RAZER™ メカニカルスイッチの採用とCHROMA バックライトに対応し左手用キーパッドの新定番製品候補として注目を集めている、コンセプトワードは「1HAND∞COMMANDS」

ビュー: 8377
公開日: 2015-11-27

ゲーマーからビジネス用途にも人気の左手キーパッド

image

Razer Orbweaver Chromaは同社左手用キーパッドシリーズの上位モデルだ、先に発売され現在も入手可能な同じく左手用キーパッドのRazer Tartarus Chromaと比較を交えつつ製品を紹介したい。

image

Razer Tartarus Chromaメンブレンタイプであるのに対しOrbweaver Chromaは新設計メカニカルスイッチを採用している。

image

またメインキー部分がTartarus Chromaが15個に対しOrbweaver Chroma20個搭載している、この5個の差はは多機能的な使用を前提とした場合、大きいかもしれない。

割り振り可能なボタン数としてはTartarus Chroma 25個、Orbweaver Chroma 30個ある。

Chroma部分に関してもTartarus Chromaがメインキーエリア全体の一括バックライト設定のみなのに対し、Orbweaver Chromaキー単位でバックライトを変更、設定出来る。

その他パームレスト部分など違いは大きく、結論としてはサブデバイスとしてキー割り当てに余裕のある使い方、かつコンマを争う局面が連発しない場合はTartarus Chromaでも十分だがよりメインデバイス寄りの使用をする場合、あればあるだけキーを割り振りたい場合はOrbweaver Chromaがオススメになる。

新設計メカニカルスイッチ搭載

image

今回搭載されているキースイッチ部分はゲーム専用に設計され一連の作動とリセットポイントが最適化されているため、操作感が向上されている。

コンセプトワードは「1HAND∞COMMANDS」。左手用キーパッド「Orbweaver」がChromaカラーになって登場。
取扱終了
詳しく見る

関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。