image

「一部のブランドを除き為替影響分のみの値動き」PCメモリー価格動向ピックアップレポート - 2015年12月1週目版

2015年12月1週目(11月27日までのデータ集計)のパソコン用メモリーの価格変動レポート、値下げアイテム増加も為替差のみでトレンドラインは引き続き安定、クリスマス商戦受注増加で一部メーカーの納期に1~2週間の納期遅延が発生中など、日々状況が変化するPCメモリーマーケットの価格推移や需要供給バランスなど今週のパソコンSHOPアークのデータを元に注目情報や注目メモリーをピックアップ。

ビュー: 2722
公開日: 2015-12-01
image

メモリー相場変動TOPIC

  • サンプリング日:2015/11/27

  • 前回更新(比較)日:2015/11/19


  • サンプリングアイテム数:7019アイテム(前回比+12アイテム)

  • 今週の値下がりアイテム数:1333アイテム(前回比+971アイテム)

  • 今週の値上げリアイテム数:29アイテム(前回比-533アイテム)


  • 今週のアイテム総合平均値動き幅:-30円(前回平均-33円)

  • 今週の値下げアイテムの平均値下がり金額:-166円(前回平均-769円)

  • 今週の値上げアイテムの平均値上がり金額:+263円(前回平均+47円)


ポイント

先週比で値下がりアイテムは971アイテム増加、値上がりアイテムは一部の特殊系を除きほぼ0アイテムとなった、ただし値下げアイテム増加はドルベースの価格がステイの状態に対し前回比で若干円高に戻した部分の差によるもの、ドルベースで価格の変更があったのはG.Skillの一部アイテムのみだった。

総合平均 過去2ヶ月推移

12月 対象Item数 総合平均値動き幅
12月1週 7019 -30円
11月 対象Item数 総合平均値動き幅
11月4週 7007 -33円
11月3週 6999 -2円
11月2週 6980 -36円
11月1週 6982 -39円
10月 対象Item数 総合平均値動き幅
10月4週 6931 -38円
10月3週 7229 -40円
10月2週 7206 -51円
image

今週の特集は2015年PCメモリー総括第一弾「DDR3 年間売れ筋ベスト10 」

image

2015年は数年ぶりのPC用メモリーの価格が大幅下落となる波乱の年となった、またDDR3とDDR4の世代交代の年でもありメモリーの世界的には正に乱世、この状況の中年間を通して人気となったアイテムをトップ10形式でお伝えしたい。

今週はDDR3編としてデスクトップ用の240pin DDR3-DIMM、及びノート用の204pin DDR3-S.O.DIMMをピックアップ。

DDR3 デスクトップ年間ベスト10

DDR3デスクトップ総合一位は

240pin DDR3-1600 CL11 16GB(8GBx2枚組)SET 1.5Volt Micron/JEDEC

取扱終了
詳しく見る

2015年デスクトップ向けは前半、中半、後半と売れ筋の容量、速度が変化し3位以下、上位30アイテムが僅差となる大接戦となった、その中で手前味噌だが安定した在庫供給と店舗、通販、BTOなど総合的に安定した需要を得る事が出来た「SMD-16G28CP-16K-D」が抜け出し一位となった。

Brand Model 容量(構成) Type
1 SanMax SMD-16G28CP-16K-D 16GB (8x2) DDR3-1600
2 Corsair CMY16GX3M2A2400C11R 16GB (8x2) DDR3-2400
3 SanMax SMD-8G28CP-16KL-D 8GB (4x2) DDR3L-1600
4 TEAM TED316G1600C11DC 16GB (8x2) DDR3-1600
5 SanMax SMD-16G28CP-16KL-D 16GB (8x2) DDR3L-1600
6 Patriot PSD316G1600KH 16GB (8x2) DDR3-1600
7 G.Skill F3-2400C11D-16GAB 16GB (8x2) DDR3-2400
8 SILICON POWER SP004GBLTU160V22 8GB (4x2) DDR3-1600
9 Corsair CMZ16GX3M2A1600C9 16GB (8x2) DDR3-1600
10 A-DATA AD3U1600W8G11-2 16GB (8x2) DDR3-1600

2015年デスクトップ用ピックアップメモリー

Vengeance Proは選別ICチップ搭載しアルマイト処理を施した特殊ヒートスプレッダを採用したintel 第3、第4世代 Core iプロセッサ対応メモリです。
取扱終了
詳しく見る

その他、ピックアップポイントとしてはバリエーションラインナップが多すぎて販売スコアが分散してしまう傾向のOCメモリーカテゴリからCorsairのDDR3-2400が飛びぬけた人気を得てこのタイプでは珍しくランクインとなった、またg.SkillのDDR3-2400も同様にランクイン、後半戦はDDR4へ需要が奪われDDR3ハイクロックモデルは失速したが夏商戦までは一位に迫る勢いもあった。

またデスクトップ向けでは低電圧タイプのDDR3Lへの移行は進ます浸透しなかった。

全体的な特徴としては2014年と比較し価格が下がった事から売れ筋製品のメモリー容量が4GBx2から8GBx2タイプに変化している。

DDR3 ノート年間ベスト10

DDR3ノート総合一位は

第3~6※世代intel Core iシリーズ対応モデル低電圧1.35Volt DDR3L-1600 Micron 4Gbit DRAM採用ノート用8GBモジュールx2枚組みセット。
取扱終了
詳しく見る

2015年ノート向けはDDR3L(低電圧)タイプへの移項が顕著に結果に現れた。 その中でもやはり手前味噌だが安定した在庫供給と保証と品質、価格のトータルバランスが良いサンマックスの「SMD-N16G28CP-16K-D」が一位となった。

Brand Model 容量(構成) Type
1 SanMax SMD-N16G28CP-16KL-D 16GB (8x2) DDR3L-1600
2 CFD W3N1600PS-L4G 8GB (4x2) DDR3L-1600
3 SanMax SMD-N16G28CP-16K-D 16GB (8x2) DDR3-1600
4 SanMax SMD-N8G28CP-16KL-D 8GB (4x2) DDR3L-1600
5 Kingston HX318LS11IBK2/16 16GB (8x2) DDR3L-1866
6 SILICON POWER SP016GBSTU160N22 16GB (8x2) DDR3-1600
7 U-MAX SoDDR3-2G-1333 2GB DDR3-1333
8 Corsair CMSO16GX3M2A1600C11 16GB (8x2) DDR3-1600
9 SanMax SMD-N8G68NP-16K-D-BK 8GB (4x2) DDR3-1600
10 Corsair CMSX16GX3M2B1866C10 16GB (8x2) DDR3L-1866

2015年ノート用ピックアップメモリーは

DDR3L-1866対応小型システム向け8GBモジュールを2枚組にした16GBメモリキット、HyperX® Impactメモリはゲームなどより高速な動作を求めるソフト、アプリケーションを使うユーザーにオススメです。またXMPなどを使用せず接続したプラットフォームに自動的に最適な設定で動作します。AMD、Intel搭載のDDR3L-1866対応ノートブックやその他のSO-DIMMタイプの小型PCの高速化にオススメ
取扱終了
詳しく見る

その他、ピックアップポイントとしてはノートPCはDDR4メモリーへの移行は想定よりも進まず一部のハイエンド機種に留まった為、DDR3Lがランキングの過半数を独占している、また旧型ノートが最新4Gb DRAMに対応出来ない事もあり両面4GBのモジュール採用製品が年間を通して地味に売れ続けランクインを果たしている。

また2015年後半はDDR3L-1866を搭載した製品が急上昇しており、5位のKingston「HX318LS11IBK2/16」は9~11月限定ではトップとなっている。

全体的な特徴としては2014年と比較しDDR3Lが大躍進、前半戦では1333と1600がトレンドだったが、後半戦では1866タイプが急上昇している。

今後の注目ポイント

引き続きトレンドライン(DDR3-1600やDDR4-2133~2400クラス)の価格は安定しており、ほぼ為替差のみの変動となっている。

年内のポイントとしてはOCメーカー各社はワールドワイドでクリスマス商戦が好調のようで量産タイプ以外の製品の納期がのきなみ1~2週間遅れている状況となっているので年内調達を考えている場合、タイムラグを計算にいれたタイミングでオーダーする必要がある。

M社のBダイ(元E社設計のやつ)など期待のDRAMは来年になりそうな気配で年内は現状のDRAMの需給バランスを見る限り大きく相場が変動する事はなさそうだ、強いて言えば為替のみ、例えば3円で約3%の変動、つまり3万円の製品であれば1000円価格が変わるのでその部分をどう考えるかという事になりそうだ。

ただしそれは海外在庫のアイテムを取り寄せた場合のみなので国内の流通製品はダイレクトに為替が反映、影響する訳ではない。

12月も引き続きDDR3とDDR4の価格追従レースをショップ間の最安値競争が牽引する状況が続きそうだ。

関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。