image

CFDがIN WINの自動開閉ケースを数量限定で取扱い、価格は税込約29万円に

2015年のcomputex taipei開催時に派手に可動するタワー型変形ケースとして注目を浴びた、IN WIN E-ATX対応PCケース 「H-Tower」シリーズがついに2月下旬、CFDから販売される事が決まった。 販売を予定しているのはブラックモデル「IW-CA06 BLACK」、レッドモデルの「IW-CA06 RED」の2タイプでどちらも数量限定、送料別負担としている。

ビュー: 7672
公開日: 2016-02-19

スマホアプリでコントロール!トランスフォームATXケースがついに数量限定で

image

CFD販売が2016年2月19日に、INWIN製の特殊変形(トランスフォーム機能搭載)型E-ATX対応PCケース「H-Tower」シリーズを2月下旬に発売する事を発表、店頭の予想価格は税込290,000円前後としている。

image

販売を予定しているのはブラックモデル(写真左)「IW-CA06 BLACK」、レッドモデル(写真右)「IW-CA06 RED」の2タイプでそれぞれ数量限定としている。

[2016-2-21追記]ちなみに限定数の受注は終了しており、アークでの入荷予定はないそうだ。

必見のトランスフォーム(変形)アクション

8枚のアルミニウム製パネルで構成されたタワー型ケースが、専用スマホアプリからリモートでコントロールする事で派手なトランスフォームをして、最終的にマザーボードが90度回転する形で開かれる、この動作を言葉で表現するのは難しく、是非紹介動画を見てほしい。

主な仕様

image

電源は別売でケースサイズ 617(H) x 322(W) x 502(D) mm、重量 24.33kg、対応マザーボードは「E-ATX / ATX / MicroATX」に対応しフロント I/OにUSB3.1 Type-Cを1ポート備えている。

制限としてはCPUクーラー 高さ214mmまで、VGA 長さ340mmまで、ドライブベイは3.5内蔵x1、2.5内蔵x4(E-ATX M/B取付時は2まで)など、変形にリソースをかけた分見た目の大きさに比べ増設力はない。

付属品

  • 組立説明書
  • 部品箱
  • 六角ネジ x28
  • マザーボード固定用スタッド x10
  • マザーボードラックスリーブ x1
  • 2.5HDDネジ x16
  • ケーブル固定ベルト x5
  • 拭き取り布 x1
  • USB3.0→USB2.0変換アダプタケーブル x1
  • 8pin→4+4pin変換電源延長コード x2
  • 変圧器 x1
  • 電源ケーブル x1
  • 六角レンチ

ニュースリリース



関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。