image

アークのラーメン王子によるアキバ界隈、不定期ラーメンレポート「らーめん天神下 大喜」再来編

アークのラーメン王子によるアキバとその周辺のラーメン屋さんの食べ歩き日記、オススメラーメンの感想をバイヤー暦12年の経験を活かして?チラ裏レベルの文章力で書き殴るノークレームノーリターン系コンテンツ、「らーめん天神下 大喜」編

ビュー: 890
公開日: 2021-08-29

「らーめん天神下 大喜」で特製醤油つけめんを食す。

はい、ど~も~、アークのラーメン王子で~す。

今回は浅草橋のお隣の鳥越周辺で何やら400円でラーメンを出しているとんかつ・中華屋があるとの情報を聞きつけ行ってみましたが残念ながら開いておらず、調査する事が出来ませんでした。

結構調べてから行くんですが不定期で開いてないお店って結構あるんですよね。面白そうだったんですけどねぇ

そんなこんなで路頭に迷う事になった為、この辺の近場で美味しいところを探す事となったんですが、やはりそうこの辺っつたら「大喜」ですよね~。

よ~し、そんじゃ今年も冷やしを食べに行ってみんべ

image

ここに来ると”とりそば”か”冷やしとりそば”ばかりで他を頼んだ記憶がないんですよね

折角なので違う物を頼もうと思いますが、何も調べず突発的に来たのでどれが良いかわからなかった為、ふと食べたいと思った”特製醤油つけめん(細麺)”にしてみました。

こう見てみると梅なり、納豆なり結構独創的な攻めたメニューがあるんですよ。特に納豆はかなり好評みたいなんですよね

image

はい、こちらが”特製醤油つけめん(細麺)”になりま~ス。

麺が食べやすく分けられて奇麗に置かれている配慮が素晴らしい。そしてつけダレが通常のラーメンの丼ぶりと同じな為、スープの量が多いのがちょっと驚きました。

それではいっただっきま~す。

image

まずはスープですが、若干酸味があるタイプですが非常にシンプルな醤油スープとなっており、サラッと食べられる感じに作られてます。

image

この細麺とスープが非常に合っており、食べやすいですねぇ、ジャンジャン行けちゃう感じです。

やっぱこの細麺がすごいいいですね

image

大喜はこのトッピング一つ一つにもこだわっているのでどれも美味しんですよねぇ。

チャーシュー旨味や軟骨が入ったワンタンの触感とかどれも結構なモンですよね、ここが大喜の好きなところでもありますよね

image

最後はシメのスープ割

非常に優しい味でごっそさんでした。

image

総評:冷やしに比べると意外とシンプルな出来でしたが普通に美味しかったです。大喜らしさも出ていて非常に良かったと思います。

ラーメン王子オリジナルチェックシート

店名 らーめん天神下 大喜
住所 〒110-0016 東京都台東区台東2-4-4
営業時間 11:00~14:30/18:00~21:00([水 11:00~14:30][土 11:00~15:00/17:30~20:30] [祝 11:00~15:00])
定休日 日曜日
アークから徒歩 11分
オススメラーメン とりそば・冷やしとりそば
お会計方法 券売機で先にお会計
お水は? 給水ポット常備
お箸は? 割り箸
ティッシュは? おしぼり、紙ナプキン常備
テーブル席は? カウンターのみ
ラーメン王子来店日 2021年8月24日(火)
image

ウララ~、ワイやワイやでぇ

今日も元気にいくズラよ

今日レビューするモンはこれやね

”セアブラの里”と”ごまの辛いそば”なんじゃが、最近は辛い系のカップラーメンが非常に多いんでなぁ、今回はあえてこのW背脂をウリにしている”セアブラの里”で行ってみるよしようぜ

どれどれ、固形の背脂と後入れの液体の背脂のWっちゅうことか

うむ、確かに濃い目の豚骨醤油から背脂臭さがでていい感じじゃねぇか、脂を食ってる感じの背徳感もありサイコーだなぁ。やっぱ背脂は正義、背脂こそパワーって感じだよなぁ。こりゃなかなかなモンだぜぇ、げへへ

おっともう時間が来たようだなぁ

最後のシメのネタを考えてたけど、書く時になってすっかり飛んじまったんでここらで、おいとまするぜ。でへへ、次からはメモする事にするわ、じゃ~にゃ~

image
image

関連記事

ライター

author image

ラーメン王子

ラーメンをこよなく愛するArkの店員。主に秋葉原のラーメン食べ歩き記事を担当している。