image

ロジクールのゲーミングブランド「Logicool G」からマウス、キーボードなどの新製品が発売

左右対称形状 、有線/無線両対応の超軽量プロフェッショナルグレードゲーミングマウス「G900」が4月14日に、「Cherry MX Brown」キースイッチを搭載し余分なデザインや機能を省いたシンプルなゲーミングキーボード「G610」と、MMOマウス「G600」、ゲーミングマウスパッド「G640」「G440」「G240」の後継機種が4月1日に発売。

ビュー: 7595
公開日: 2016-03-31

省エネと精度の高さを両立させたクロックチューニングテクノロジーを搭載した、ロジクールGのPMW3366オプティカルセンサー

image
image

超軽量を謳うマウス本体は107g(本体のみ)となっており、正直なところ、重量だけを見ればもっと軽いマウスは他に色々販売されているが、11個のボタン数を搭載した多ボタンマウスということを考慮するとかなり軽量と言えるだろう。

image

利き手を選ばず様々なグリップスタイルに対応できるようデザインされており、さらに使用しないサイドボタンは、カバー(付属)をして操作ミスを防げるように配慮されている。

メインスイッチには金属バネのテンショニングシステムと金属性のピボットヒンジが組み込まれており、耐久性の向上と、クリックに必要な力を減らしながらボタンとスイッチ間の距離を短縮し、クリック後のはね返りが速くなるとのこと。

※「G900」のみ4月14日発売予定

メディアコントロール搭載ながらも、パフォーマンス特化のミニマルデザイン・キーボード

image
image

製品的には、「G810 ORION SPECTRUM」のキースイッチを「Cherry MX Brown」に変更し、バックライトを単色にした下位モデルのようなの位置づけになると思われるが、キースイッチ自体が「Romer-G」からCherry製「茶軸」に変更されているため、打鍵感はだいぶ変わるだろう。

本体サイズ、重量、キーレイアウト(26キーロールオーバー)、搭載ショートカットキー等も「G810」と同仕様となっているため、キースイッチとバックライトの比較で好きな方を選んで差し支えないと思われる。

image
ゲーミングキーボードの中でも「茶軸」搭載モデルは数が少ないことから存在感は増しそうだ。
image
F1~F12のファンクションキーはプログラム可能となっており、複雑なマクロも割り当てることが出来る。
image
角度調整は3種類から選べ、好みの角度を設定可能。

MMO向けマウス「G600」と、マウスパッド3種の後継品も発売

image
image

後継機種の方は、型番、パッケージのみが変更となり製品自体の仕様は既存製品と同じになる。

利き手を選ばない超軽量プロフェッショナルグレード 、有線・無線両対応のゲーミングマウス。
取扱終了
詳しく見る
高い反応性と軽やかなクリック感を実現した Cherry MX Brown キースイッチ搭載のメカニカルゲーミングキーボード
取扱終了
詳しく見る
12個のサムボタンを搭載したMMO向けゲーミングマウス。「G600r」の後継機種
G600t
税込価格: 9,009円

送料無料

詳しく見る
低DPIでのマウスコントロール精度を向上した ゲーミング専用布製大型マウスパッド。
取扱終了
詳しく見る
ポリプロピレンポリマーを表面素材として採用したハードマウスパッド
取扱終了
詳しく見る
激しいアクションでも精巧なコントロール実現するクロス ゲーミング マウスパッド
取扱終了
詳しく見る

関連記事