image

AMD Ryzen Threadripper PROシリーズ対応クリエイターマザーボード「ASRock WRX80 Creator」

ASRockからAMD Ryzen Threadripper PROシリーズ向けのソケット「sWRX8」に対応するAMD WRX80チップセット搭載EATXマザーボード「WRX80 Creator」が2022年8月12日より販売を開始している。5基のフルスピードPCIe gen4 x16 スロットに対応し、PCIe 4.0に搭載されたすべてのグラフィックボードやアドオンカードの性能をフルで発揮することが可能。

ビュー: 3380
公開日: 2022-08-13

AMD Ryzen Threadripper PRO 3000WX/5000WXシリーズ・プロセッサー向けのEATXマザーボード

image

ASRockからAMD Ryzen Threadripper PROシリーズ向けのソケット「sWRX8」に対応するAMD WRX80チップセット搭載E-ATXマザーボード「WRX80 Creator」が2022年8月12日より販売を開始している。

image

「WRX80 Creator」は、AMD Ryzen Threadripper PRO 3000WX/5000WXシリーズ・プロセッサー向けのEATXマザーボード。

8電源フェーズ設計、105A SPS、プレミアムパワーチョークによる長期稼働に安定する電源供給。インテル有線デュアル10Gb LAN加えintel無線ネットワーク機能を標準搭載。Thunderbolt4対応Type-C、サーバーグレードの14レイヤー/2オンス銅箔のサーバーグレード低損失 PCBによる高い耐久性により大型データの転送もストレスなく行えるようクリエイター向けに特化した要素が詰め込まれている。

主な仕様は、チップセットはAMD WRX80、搭載ソケットはsWRX8、拡張スロットはPCIe 4.0×16を5スロットとPCIe 4.0×8スロットを2スロット(×16スロット形状 : PCIE4、PCIE6スロット)。メモリーは288Pin DDR4-UDIMM、EU-DIMM、R-DIMMの3200MHz (最大)に対応スロットを8ケ実装し最大2TB (256GB×8 / RDIMM-3DS使用時)。 ストレージは M.2 スロット (M2_1、Key M、Type 2260/2280/22110 SSD対応、ヒートシンク付き、SATA(6Gb/s)もしくはPCIe Gen4×4(64Gb/s)いずれかの接続をサポート)x1、M.2 スロット (M2_2、Key M、Type 2260/2280 SSD対応、ヒートシンク付き、PCIe Gen4×4(64Gb/s)接続をサポート)x1、U.2 ポート (PCIe 4.0×4接続をサポート)x1、SATA 6Gb/s ポート (AMD WRX80 [RAID 0/1/10 対応])x8など。

image

ネットワークは有線は10Gigabit LAN (RJ45) ポート (intel X710-AT2)x2と IPMI管理専用にGigabit LAN (RJ45) ポート x1を実装、無線にはWi-Fi 6E (IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax)+Bluetooth 5.2 (intel)、オーディオはRealtek ALC4050H+ALC1220 8CH HD Audioを搭載、フォームファクタはE-ATXでサイズは305x272mm。

付属品は、マニュアル、ドライバーDVD、SATAケーブル ×4、M.2ネジセット、WiFiアンテナなど、保証期間は代理店2年保証が付帯する。

AMD Ryzen Threadripper PROプロセッサに対応するAMD WRX80チップセットを搭載したE-ATXマザーボードです。ASRock WRX80 Creatorは、あらゆるプロフェッショナルデザイン、ディープラーニング、シミュレーション、レンダリングに高いパフォーマンスが期待できます。
取扱終了
詳しく見る

関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。