image

ゲーミングマウス、キーボードのセット商品がThermaltakeから発売

1,680万色LEDバックライトを搭載したゲーム向けマウスとキーボードをセットにした「Challenger Prime RGB Combo」がThermaltakeのゲーム向けブランド「Tt eSPORTS」から2016年5月27日に発売された。

ビュー: 4094
公開日: 2016-05-27

ゲーム仕様のメンブレン式日本語キーボードと光学式マウスのセット

image
image

「Challenger Prime RGB Combo」は、ざっくりと言うと、同社同ブランドから発売されているゲーミングキーボード「Challenger Prime 日本語キーボード」にマウスが同梱されたセット商品となる。只、元々の「Challenger Prime」はバックライトが3色LEDとなっているのが、セット商品の方は1,680万色LEDへとアップグレードされている。

尚、単体販売されている「Challenger Prime」は、当店の2016年上半期キーボードランキングのベスト5にランクインした人気キーボードでもある。


〇Challenger Prime RGB キーボード

日本語配列108キーに6個のマクロキーとマルチメディアキーを搭載し、バックライトの明るさを6段階に調整できるダイヤルを装備している。マクロキーには3つのプロファイルを保存でき、最大16通りのマクロ設定が可能(ゲームモード時)。アンチゴースト機能も搭載し、6~8キーの同時押しに対応している。その他、WASDキー・矢印キーの切り替え機能も搭載している。

1,680万色バックライトは4つのエフェクトがプリセットされており、3段階のスピード調整が可能。

image
※画像は英語配列版。実際の製品は日本語配列となる。

〇Challenger Prime RGB マウス

同梱されているマウスは、最大解像度3,200dpi(4段階のオンザフライ調整)のAvago光学式センサーと1,000万回のクリック耐久性を誇るオムロン製スイッチを搭載している。

形状的には左右対称に見てるがサイドボタンが左側のみに搭載されているのでエルゴノミックデザインの右手用マウスとなる。マウスにも1,680万色LEDが搭載されており、カラーや点灯パターンの設定が可能だ。

image
image

キーボードはメンブレン式ながら機能が豊富に搭載されており、マウスも光学式、6ボタンとシンプルでジャンルにとらわれず使いやすい仕様となっている。セットで1万以下で購入可能と考えると大変お得な製品と言えよう。専用のソフトウェアを使用することでキーアサインやバックライトなどを自分好みに設定できるので、価格面と合わせ機能面でも、特に初心者の方にオススメである。

製品仕様

製品名 Challenger Prime RGB Combo(キーボード)
メーカー Thermaltake
ブランド Tt eSPORTS
型番 KB-CPC-MBBRJP-01
発売日 2016年5月27日
インターフェース USB
キー配列 108キー 日本語配列
キースイッチ メンブレン
バックライト 全キー(1,680万色)
キー耐久性 1,000万回
ポーリングレート 1,000Hz
オンボードメモリー 16KB
マクロ登録数 18(6キー、3プロファイル)
同時押し対応キー数 6~8キー(アンチゴースト機能対応)
サイズ 508×239×24 mm
ケーブル長 1.5m
重量 869g
カラー ブラック

製品名 Challenger Prime RGB Combo(マウス)
センサー方式 オプティカル
インターフェース USB
ボタン数 6
最大解像度 3,200dpi
LEDカラー 1,680万色
ポーリングレート 500Hz
サイズ 123×71×41.6 mm
ケーブル長 1.8m
重量 20g
カラー ブラック
1,680万色LEDバックライト採用のキーボードと最大解像度3,200dpi対応オプティカルマウスを同梱したゲーミングキーボードマウス
取扱終了
詳しく見る

関連動画

関連記事