image

OC、セミファンレス仕様、TWIN FROZR VI採用Radeon RX 470グラフィックスカード「MSI RADEON RX 470 GAMING X 8G」

MSIからセミファンレス設計で独自のクーリングユニット「TWIN FROZR VI」を採用したオーバークロック仕様の「RADEON RX 470」GPU搭載グラフィックスカード「Radeon RX 470 GAMING X 8G」の販売が開始されている。

ビュー: 3317
公開日: 2016-08-13
関連タグ:
image

MSI RADEON RX 470 GAMING X 8G」 は、オーバークロック仕様のRADEON RX470 GPUにGDDR5 8GBメモリーを搭載したゲーマー向けグラフィックスカード

RADEON RX470はAMD第四世代GCNのPolaris 10アーキテクチャを採用しRX480の下位グレードに属するミドルレンジクラスのGPU。

image

主な特徴としては、セミファンレス設計の光るロゴを実装したオリジナルクーラー「TWIN FROZR VI」を採用、またGPUブーストクロックを1242MHz、メモリクロックも6700MHz相当まで独自アプリによりオーバークロック設定が可能などMSIの主力シリーズのRX470 8GB OC版といった所だ。

image
モード GPUブースト(最大) メモリー
OCモード 1254 MHz 6700 MHz
ゲームモード 1242 MHz 6600 MHz
サイレントモード 1206 MHz 6600 MHz

RX470のリファレンスクロックはGPUベース926MHz、GPUブースト最大1206MHz、メモリー6600MHz、つまりRadeon RX 470 GAMING X 8Gのサイレントモードがリファレンス動作モードとなっている。

image

また、ディスプレイ出力をHDMI x2、DisplayPort x2、DVI-D x1構成にする事でVR機器の接続を変換などせずダイレクトに接続可能になっているのもポイント。

サイズは276(L)×140(W)×37(H) mm 、2スロット占有タイプ、補助電源コネクタは8ピン x1でTDPは110Wとしている。

この製品は、別モデルでファンの仕様を誤記した問題で話題の「TWIN FROZR VI」と同じシリーズだが、少なくともこのモデルには「ダブルボールベアリングファン」という表記はなく、スリーブファンが搭載されているのではないかと思われる。

関連記事(外部メディア)

スリーブとボールベアリング、軸受けの優劣はさておき、RX470採用カードとしては普通に定番候補のひとつと考えてよさそうな製品ではある。

セミファンレス仕様でカスタマイズ可能なLEDイルミネーション機能を備えるMSIオリジナルクーラー「TWIN FROZR VI」を搭載する、第四世代GCNの新型GPU RADEON RX470のオーバークロックモデル。搭載メモリ8GBモデル。
取扱終了
詳しく見る

関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。