image

税込5,990円、銅製ウォーターブロック採用の安価な簡易水冷CPUクーラー「HBT+ Acrtica 120」

ウォーターポンプヘッドに搭載したLEDインジケーターにより正常動作が確認出来るインテル、AMD各種プロセッサー対応の簡易水冷CPUクーラー Acrtica 120 (型番: TW-A12X-PWV1)が登場。メーカーは2015年に設立されたHBT+でITCが代理店を務めている。

ビュー: 4071
公開日: 2016-08-14
関連タグ:

お手軽価格な簡易水冷CPUクーラー

image

ウォーターブロック部分に銅を採用しつつ価格を税込5,990円(2016/8/12 アークオンラインストア調べ)と安価に抑えた簡易水冷CPUクーラー HBT+ Acrtica 120 (型番: TW-A12X-PWV1)が登場。

image

対応プロセッサーはインテル ソケットLGA1150 / LGA1155 / LGA1366 / LGA1156 / LGA2011 / LGA2011-V3、AMD ソケットAM3+ / AM3 / AM2+ / AM2 / FM1 / FM2、と大抵のソケットタイプに対応。

image

主な仕様として、CPUウォーターブロック部分の素材は銅、ファン部分はサイズ 120mm x120mm x 25mm、回転数 600〜1800RPM ±10%、エアフロー 30~75CFM、ノイズ 25~32dBA。 ラジエーター部分はサイズ 153mm x120mm x27mm、素材はアルミを使用。 ホースはゴム製で水冷向きのFEP(フッ素樹脂)チューブを採用している。

image

付加機能としてウォーターブロックLEDインジケーターを搭載している。 これにより使用中、ウォーターポンプヘッドに搭載したLEDが点灯し、正しく機能しているかどうかが簡単に確認が可能となっている、保証は代理店2年。

image

HBT+(HonBonTechLimited.)は台湾を拠点とし、2015年に設立されたばかりで、今は主に自作愛好家向けのPCケース、PC用冷却ユニットなどを手掛け始めている。

同社はPC自作市場の再活性化をコンセプトし熱狂的なユーザー向けに発狂的な価格で提供…ではなく、デザイン、性能、価格のバランスの取れた魅力的な製品が登場するかもしれない要注目のメーカーだ。


HBT+

HBT+について

2015年に新設されたメーカー、主にPC用冷却機器やPCケースなどを扱い、Harmonising Quality、Breaking through Barriers、Taking the longer view、"Plus" for going that Extra mile.の4つのテーマに沿った製品を開発している。

>> HonBonTechLimited.商品一覧

>> メーカー公式

関連記事

ライター

author image

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。