image

メモリーとSSD搭載済みのOSを入れるだけ、お手軽「Beebox」メモリー+ストレージSETが販売開始

コンピュータ周辺機器装置の代理店・卸売会社のマスタードシード株式会社(本社:東京都品川区)より同社が正規代理店をしているASRock Inc.(本社:台湾台北市、以下ASRock社)のNUC「Beeboxシリーズ」のメモリとストレージを搭載済みの半完成品モデルを、2015年10月9日(金)より販売を開始した、SoC intel Celeron N3150とN3000のCPUが異なる2モデルにそれぞれ4GBのDDR3Lメモリと128GBのSSDを搭載した半完成品モデルはコストパフォーマンスに優れている事が特徴だ。

ビュー: 4890
公開日: 2015-10-13

実用的な容量を搭載したメモリー+SSD実装済みセットが登場

image

手のひらサイズのASRock製ベアボーンBeeboxシリーズといえば第8世代のintel HD Graphicsを搭載し 、HEVC(H.265)デコードと4K解像度出力が可能なSoC intel Celeronを実装しているコストパフォーマンスに優れたNUC KITだ。

このASRock人気のベアボーンキット「BeeBox」をベースにDDR3LメモりーとSSDを実装にしたセットモデルが10月9日(金)より販売となった。

image

主な特徴としては

  • TDP 4Wでファンレスのintel Dual-Core Celeron Processor N3000、もしくはTDP6WのN3150を搭載
  • メインメモリにDDR3L SODIMM 1600 4GB(2GB×2)を搭載
  • 内蔵ストレージにmSATA 128GB SSDを搭載
  • HDMIを2系統、DisplayPortを1系統の合計3出力を搭載しトリプルモニター出力が可能

と、基本的にはOSを入れるだけのNUCの中ではお手軽でそこそこなバランスの構成が手に入る。

image

Windows10をインストールすればスマホやxBoxOneなどとの連携力も高く、海外で高い評価を得ている「BeeBox」の半完成品モデルもベアボーン購入の際の選択支として視野に入れておきたい一品だ。

2タイプ、2カラーの4モデル

手のひらサイズ ASRock製ベアボーン Beeboxシリーズ。第8世代のintel HD Graphicsを搭載し 、HEVC(H.265)デコードと4K解像度出力が可能なSoC intel Celeron N3000 プロセッサー搭載半完成モデル。
取扱終了
詳しく見る
手のひらサイズ ASRock製ベアボーン Beeboxシリーズ。第8世代のintel HD Graphicsを搭載し 、HEVC(H.265)デコードと4K解像度出力が可能なSoC intel Celeron N3000 プロセッサー搭載半完成モデル。
取扱終了
詳しく見る
手のひらサイズ ASRock製ベアボーン Beeboxシリーズ。第8世代のintel HD Graphicsを搭載し 、HEVC(H.265)デコードと4K解像度出力が可能なSoC intel Celeron N3150 プロセッサー搭載半完成モデル。
取扱終了
詳しく見る
手のひらサイズ ASRock製ベアボーン Beeboxシリーズ。第8世代のintel HD Graphicsを搭載し 、HEVC(H.265)デコードと4K解像度出力が可能なSoC intel Celeron N3150 プロセッサー搭載半完成モデル。
取扱終了
詳しく見る

関連動画


関連リンク


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)