image

ASRock「intel 200シリーズ」チップセット搭載KabyLake-S対応ATXマザーボード16モデル比較 - まとめ

ASRockからデスクトップ向け第7世代インテル Coreプロセッサー・ファミリー(KabyLake-S)に対応するインテル200シリーズ3チップセットZ270、H270、B250などを搭載するソケットLGA1151対応マザーボード12モデルが2017年1月6日(金)2:00より販売を開始。 ASRockでは初のなる流行りのライティングエフェクト搭載モデルやMini-ITXサイズまでいち早くフルラインナップ。

ビュー: 2545
更新日: 2017-01-09 new

ASRockからKabyLake-S、Skylake-Sに対応するソケットLGA1151対応マザーボードが登場

image

ASRockは2017年1月4日(水)にインテル第7世代COREプロセッサー(KabyLake-S)や第6世代COREプロセッサー(Skylake-S)などソケットLGA1151に対応するintel 200シリーズチップセット搭載マザーボード16モデルを発表、そのうち12モデルが1月6日(金) 2:00より販売を開始

image

1月6日(金)11:00の時点で入荷、販売を確認したASRock200シリーズマザーボードは、ATXタイプから「Z270 Pro4」、「H270 Pro4」、「Z270 Extreme4」、「Z270 Gaming K6」の4モデルMicro-ATXタイプから「Z270M Pro4」、「H270M Pro4」、「B250M Pro4」、「Z270M Extreme4」、「H270M Performance」、「B250M-HDV」の6モデルMini-ITXタイプから「Z270M-ITX/ac」、「H270M-ITX/ac」の2モデル合計12モデルにのぼり、それぞれZ270、H270、B250チップセットのいずれかが搭載されている。

インテル200シリーズ(Z270、H270、B250)チップセットの機能や性能の違いについては以下のまとめページを参照してもらえれば幸いだ。

未発売モデルを含め16種類とラインナップが多いので下記に基本的な機能や特長などを分類してまとめてみた。

ASRock 200シリーズラインナップ一覧

image

ASRock 200シリーズマザーボードは安定性、信頼性を重視した「Extreme」、多機能で高性能の「Taichi」、ゲーマー向けにサウンド機能を強化した「Fatal1ty Gaming」、バランス重視の「PRO」、そしてコストパフォーマンス重視の「STANDARD」と、5つのシリーズバリエーションがラインナップされている、これに将来的にはOC特化の「OCFormula」の代わり的存在として発表された「SuperCarrier」が加わり計6バリエーションとなると思われる。

取り急ぎここでは発表されているモデル全てを以下にバリエーション別にまとめてみた。

シリーズ/型番 チップセット フォームファクタ Aura LED PCIe 3.0(x16) M.2※1 メモリー USB3.1Gen2
PROシリーズ
Z270 Pro4 Z270 ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4 なし
Z270M Pro4 Z270 Micro-ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4 なし
H270 Pro4 H270 ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4 なし
H270M Pro4 H270 Micro-ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4 なし
B250 Pro4 B250 ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4 なし
B250M Pro4 B250 Micro-ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4 なし
Extremeシリーズ
Z270 Extreme4 Z270 ATX あり x3(2つはX8、X4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4 x2
Z270M Extreme4 Z270 Micro-ATX あり x3(2つはX8、X4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4 x2
Taichiシリーズ
Z270 Taichi Z270 ATX あり x3(2つはX8、X4動作) Ultra x2 (Type-E Wifi搭載済) 288pin x4 x2
Fatal1tyシリーズ
Z270 Gaming K6 Z270 ATX あり x3(2つはX8、X4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4 x2
Z270 Gaming-ITX/ac Z270 Mini-ITX なし x1 Ultra x1(Type-E Wifi搭載済) 288pin x2 x1
H270 Performance H270 ATX あり x2(1つはX4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4 なし
H270M Performance H270 Micro-ATX あり x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4 なし
STANDARDシリーズ
H270M-ITX/ac H270 Mini-ITX なし x1 Ultra x1 (Type-E Wifi搭載済) 288pin x2 なし
Z270M-ITX/ac Z270 Mini-ITX なし x1 Ultra x1 (Type-E Wifi搭載済) 288pin x2 x1
B250M-HDV B250 Micro-ATX なし x1 Ultra x1 288pin x2 なし

一見、ラインナップが多すぎて、何を選んだら良いのか混乱してしまいそうだが、新機能のひとつRGBライティングエフェクト「Aura RGB LED」対応や、一部モデルで復活した「PCIスロット」、そして「WiFi機能」の標準搭載、「メモリーソケット数」や「M.2のスロット数」、「USB3.1 Gen2対応」などキー要素をチェックし、それが必要かどうかで切り分けてみるとかなり限定されてくるはずだ。

もし構築したいPCのチップセット(Z270、H270、B250など)と、ボードサイズ(ATX、Micro-ATX、Mini-ITXなどのフォームファクタ)が既に決まっている場合は、以下にフォームファクタやチップセット別でまとめてみているのでそちらもチェックしてみてほしい。

フォームファクタ別カテゴライズ

image
型番 モデル数 製品名
ATX 7モデル Z270 Pro4、H270 Pro4、B250 Pro4、Z270 Extreme4、Z270 Taichi、Z270 Gaming K6、H270 Performance
Micro-ATX 6モデル Z270M Pro4、H270M Pro4、B250M Pro4、Z270M Extreme4、H270M Performance、B250M-HDV
Mini-ITX 3モデル Z270 Gaming-ITX/ac、Z270M-ITX/ac、H270M-ITX/ac

チップセット別でチェック

image

Z270チップセット搭載


型番 シリーズ チップセット フォームファクタ 発光 PCIe 3.0(x16) M.2※1 メモリー USB3.1Gen2 ポイント 価格(2017-1-9※2)
Z270 Pro4 PRO Z270 ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4(Max64GB) なし PCIスロット装備 税込19,958円
Z270M Pro4 PRO Z270 Micro-ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4(Max64GB) なし バランス型 税込19,418円
Z270M-ITX/ac STD Z270 Mini-ITX なし x1 Ultra x1 Type-E x1(搭載済) 288pin x2(Max32GB) x1 WiFi搭載、コンパクト 税込21,578円
Z270 Extreme4 Extreme Z270 ATX あり x3(2つはX8、X4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4(Max64GB) x2 各種強化、定番 税込24,818円
Z270M Extreme4 Extreme Z270 Micro-ATX あり x3(2つはX8、X4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4(Max64GB) x2 各種強化、定番 税込24,278円
Z270 Gaming K6 Fatal1ty Z270 ATX あり x3(2つはX8、X4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4(Max64GB) x2 各種強化、サンブラ 税込28,944円
Z270 Gaming-ITX/ac Fatal1ty Z270 Mini-ITX なし x1 Ultra x1 Type-E x1(搭載済) 288pin x2(Max32GB) x1 コンパクト、ハイスペック 未入荷
Z270 Taichi Taichi Z270 ATX あり x3(2つはX8、X4動作) Ultra x1 Type-E x1(搭載済) 288pin x4(Max64GB) x2 デュアルLAN、WiFi、フル機能 未発売

※1 Ultra M.2搭載スロットの内、1つはSATA/PCIe接続排他利用タイプ、Type-EはWifiモジュール用

※2 価格はアークオンラインストア調べ

Z270 Pro4
税込価格: 19,958円
詳しく見る
Z270M Pro4
税込価格: 19,418円
詳しく見る
Z270M-ITX/ac
税込価格: 21,578円
詳しく見る
Z270 Extreme4
税込価格: 24,818円
詳しく見る
Z270M Extreme4
税込価格: 24,278円
詳しく見る
Z270 Gaming K6
税込価格: 28,944円
詳しく見る

H270チップセット搭載


型番 シリーズ チップセット フォームファクタ 発光 PCIe 3.0(x16) M.2※1 メモリー USB3.1Gen2 ポイント 価格(2017-1-9※2)
H270 Pro4 PRO H270 ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4(Max64GB) なし コスパ、拡張性、PCIスロット装備 税込15,638円
H270M Pro4 PRO H270 Micro-ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4(Max64GB) なし コスパ、拡張性 税込15,098円
H270 Performance Fatal1ty H270 ATX あり x2(1つはX4動作) Ultra x2 Type-E x1 288pin x4(Max64GB) なし 各種強化、サンブラ 税込19,224円
H270M Performance Fatal1ty H270 Micro-ATX あり x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4(Max64GB) なし 各種強化、サンブラ 税込17,496円
H270M-ITX/ac STD H270 Mini-ITX なし x1 Ultra x1 Type-E x1(搭載済) 288pin x2(Max32GB) なし WiFi搭載、コンパクト 税込17,496円

※1 Ultra M.2搭載スロットの内、1つはSATA/PCIe接続排他利用タイプ、Type-EはWifiモジュール用

※2 価格はアークオンラインストア調べ

Fatal1tyの名を冠する、ASRockゲーミングマザーボード! 第7世代インテルプロセッサー対応のintel H270チップセット搭載ATXサイズマザーボード!カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能、32Gb/sの転送速度に対応するPCIe 3.0 x4接続のM.2スロットを2スロット、intel GIGABIT LAN等を搭載しています。
H270 Performance
税込価格: 19,224円

送料無料

新発売

商品の詳細を確認する
H270M Pro4
税込価格: 15,098円
詳しく見る
H270M Performance
税込価格: 17,496円
詳しく見る
H270 Pro4
税込価格: 15,638円
詳しく見る
H270M-ITX/ac
税込価格: 17,496円
詳しく見る

B250チップセット搭載


型番 シリーズ チップセット フォームファクタ 発光 PCIe 3.0(x16) M.2※1 メモリー USB3.1Gen2 ポイント 価格(2017-1-9※2)
B250 Pro4 PRO B250 ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4(Max64GB) なし 増設力+α 未入荷
B250M-HDV STD B250 Micro-ATX なし x1 Ultra x1 288pin x2(Max32GB) なし コスパ、スリム 税込10,238円
B250M Pro4 PRO B250 Micro-ATX なし x2(1つはX4動作) Ultra x2 288pin x4(Max64GB) なし 増設力+α 税込11,858円

※1 Ultra M.2搭載スロットの内、1つはSATA/PCIe接続排他利用タイプ、Type-EはWifiモジュール用

※2 価格はアークオンラインストア調べ

B250M-HDV
税込価格: 10,238円
詳しく見る
B250M Pro4
税込価格: 11,858円
詳しく見る

OS対応はプロセッサーチョイスで決まる、マザーは最新200シリーズが吉。

とりあえず知っておきたい点として、Microsoft社の対応OSがWindows 10シリーズ64bit版のみに制限されるのは基本的にマザーボード(チップセット)側ではなくプロセッサー(KabyLake)によるものだ。 つまり今回インテル100シリーズ(Z170、H170、B150)から一挙置き換えとなったインテル200シリーズチップセット(Z270、H270、B250)搭載マザーボードでもプロセッサーチョイスをSkylakeにする事でとりあえずはWindows 7や8.1も導入出来るので急いで旧チップセット搭載マザーボードを確保する必要な基本的にはない。

また200シリーズは100シリーズが抱えていたバグやメモリー周りなどの問題点も解消されており、これから購入するのであれば200シリーズマザーボードにしておくのがベターといってよさそうだ。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)