image

KingstonのHyperXブランドから、FPS向けを謳うコンパクトなゲーミングキーボードが発売 - アークSTAFFファーストインプレッション

HyperXブランドでは初となるゲーミングキーボード「HyperX Alloy FPS Mechanical Gaming Keyboard」が2017年2月6日に発売された。Cherry MX Blueスイッチを搭載した英語配列キーボードとなっている。店頭スタッフによるファーストインプレッションも合わせてお届けする。

ビュー: 4630
公開日: 2017-02-06

FPSプレイに最適。最小限のコンパクトなデザインを備えたメカニカルキーボード

image

HyperX Alloy FPS Mechanical Gaming Keyboardは、キースイッチにCherry MX Blueメカニカルキーを採用したシンプルでコンパクトな英語配列ゲーミングキーボードだ。

最近流行(?)のトッププレート部分に直接キーを配置したタイプとなり、非常にコンパクトでROCCAT STUDIOSのSuoraによく似た外観だ。ちなみにプレートは金属合金でできている。

Windowsキーを無効にできるゲームモードとメディアコントロール機能を搭載し、全キーアンチゴースト、6キーロールオーバーとゲーミングキーボードとしての最低限の機能は備わっている。

面白いのはUSB充電ポートを搭載している点で、スマートフォンや充電式のワイヤレスマウスなどの給電に便利かもしれない。

バックライトのカラーはレッドのみとなっており、発光パターンは6パターンで5段階の輝度調整が可能。

ゲーム大会やLANイベントでの使用も視野に入れてあり、着脱式ケーブルを採用し、メッシュトラベルポーチが付属しているので携帯性に優れているのも特徴だ。

その他、メタリックレッドの交換用キーキャップ(W/A/S/Dと1/2/3/4)とキープラーも付属しており、画像を見る限りW/A/S/Dキーの表面はテクスチャ加工が施してあるようだ。

USB充電ポートの搭載や着脱式ケーブルを採用している点はユニークであるが、マクロ機能等は搭載しておらず、基本スペックは比較的オーソドックスな印象のゲーミングキーボードとなっている。

FPS向けを謳ってはいるがその他のジャンルでも十分に使用可能かと思われ、メカニカルキーボードとして標準的な価格となっているため、英語配列であることに問題が無ければ検討してみる価値はあるだろう。

image
image
image

アーク店頭スタッフ「HyperX Alloy FPS Mechanical Gaming Keyboard」ファーストインプレッション

image

■デザイン

  • フレームレスデザインでかなりスマート。刀のようなシックさがかっこいい。

■サイズ(大きさ、重量)

  • 軸ぎりぎりのところまで土台を切り詰めているため、不必要な大きさにはなっていない。只、横幅は標準的なフルサイズキーボードと同程度
  • 同種(フレームレスデザイン)のキーボードの中でも屈指の薄さ(土台が薄い)。スチールと思しき上板の採用で重量があり安定性も高い。
image
image
image
image

■質感(材質)

  • 土台の上板は鉄板を採用しているため、やや高級感があり、堅牢性と実用性を意識した作りとなっている。
  • 底面はサラサラのプラ板となっており、そこに滑り止めゴムとスタンドが取り付けられている
  • キーキャップはシンプルなプラスチックで、文字の部分がLED光を透過する構造となっている。
image
image
image
image
image

■打鍵感(キーストローク、打音等含む)

  • 青軸独特のカチリとした感触。キーボードの高さが抑えられているため、パームレスト無しでも非常に入力しやすい。 ただ、キーの軸がブレ気味で押下げ時の抵抗感にもバラつきがある。ストロークの遊び部分も大きい印象。
image
image

■機能性

  • マクロキーなどはなく、シンプルな配列だが「Fnキー」を押すことでマルチメディア機能(再生停止/音量調節/Winキー無効)が利用できる。
  • PCとの接続は、二股USB TYPE-A(PC側)とmini USB(キーボード側)で行い十分な動作電力を確保している。更に電力供給用のUSB TYPE-Aポートがついており、ここからスマートフォンやタブレットへ充電が可能。
  • 楽に持ち運べるようにポケットつきの専用の布バッグが付属している。
image
image
image
image

■総評

メカニカルキーモデルの中でも薄型で持ち運びを強く意識したゲーミングキーボードとなっている。しかし肝心の使用感の部分で課題が多く、高額なメカニカルキーボードを使用していたユーザーにとっては不満となる部分が多いかもしれない。同価格帯のメカニカルキーボードと比較しても見劣りする部分があるのが残念だ。

コストパフォーマンスに優れるため、デザインが気に入ったなら初めての青軸ゲーミングキーボードとして候補に上げられるかもしれない。

image
image

製品仕様

image
製品名 HyperX Alloy FPS Mechanical Gaming Keyboard
メーカー Kingston
ブランド HyperX
型番 HX-KB1BL1-NA/A3
発売日 2017年2月6日
キー配列 英語配列
キースイッチ Cherry MX Blue
ゲームモード
マルチメディアキー
複数キー同時押し 6キー
アンチゴースト 対応 (全キーアンチゴースト)
バックライト 6パターン
LEDカラー
輝度調節機能 5段階
ポーリングレート 1000Hz
キーボード寸法 441.65(W)mm x129.38(D)mm x35.59(H)mm
本体重量 988g
インターフェイス USB2.0 (USB充電ポート装備)
ケーブル長 180cm (着脱式)
保証期間 2年間
FPSゲームプレイに最適な、Cherry MX Blueスイッチ搭載コンパクトゲーミングキーボード
HX-KB1BL1-NA/A3
税込価格: 13,980円

送料無料

話題の品

詳しく見る

関連動画

関連記事

ライター

STAFF H

PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)