image

AMD RYZENが近日販売開始、国内発売日がついに決定

AMDのZenアーキテクチャ採用Socket AM4対応プロセッサー「RYZEN(ライゼン)」の発売日が2017年3月3日(金)に決定、解禁日に登場予定のプロセッサーは8コア16スレッドの上位クラスとなる「RYZEN 7」シリーズから「Ryzen 7 1800X」、「Ryzen 7 1700X」、「Ryzen 7 1700」の3モデル。 RYZEN対応X370、B350チップセット搭載SocketAM4マザーボードも同日販売開始を予定。

ビュー: 6650
公開日: 2017-02-23 (更新 2017-03-01)
関連タグ:

ついに国内発売日も決定した注目のAMD ZENアーキテクチャ採用プロセッサ「RYZEN」

image

2017年2月23日(木)3:00 AMDはZenアーキテクチャを採用する新プロセッサー「RYZEN(ライゼン)」の日本国内販売を2017年3月3日(金)0:00より開始することが正式に決まった。

image

RYZENはAMDの「Zen」アーキテクチャベースのデスクトップ向けプロセッサー、特に上位モデルの「RYZEN 7」シリーズは8コア16スレッドを武器にintelの主力製品であるCore i7シリーズの上位モデルに対抗する性能をうたいながら価格を大きく引き下げる事でシェア奪還を狙う、AMDの新ハイエンドプロセッサーとして注目を集めている。

image

発売を予定しているのはシリーズ上位となる「RYZEN 7」から「RYZEN 7 1800X」「RYZEN 7 1700X」「RYZEN 7 1700」プロセッサーの3モデル、プラットフォームは「Socket AM4」に対応する。

3モデルの基本スペックは以下の通りとなる。

image
Ryzen 7 1800X Ryzen 7 1700X Ryzen 7 1700
Socket AM4 Socket AM4 Socket AM4
8コア16スレッド 8コア16スレッド 8コア16スレッド
定格3.6GHz/最大4.0GHz 定格3.4GHz/最大3.8GHz 定格3.0GHz/最大3.7GHz
キャッシュ容量20MB(L2+L3) L2+L3キャッシュ容量20MB(L2+L3) L2+L3キャッシュ容量20MB(L2+L3)
グラフィックス機能非搭載 グラフィックス機能非搭載 グラフィックス非搭載
TDP 95W TDP 95W TDP 65W
クーラー別売 クーラー別売 クーラー付属

今回発売となるRYZEN 7シリーズ3モデル共通で内蔵グラフィックス機能は非搭載なので別途グラフィックスカードが必要、また末尾「X」モデルはクーラーが付属していないので留意しておきたい。

「RYZEN」対応マザーボードはハイエンド向けの「X370」と、メインストリーム向け「B350」チップセットを搭載するSocket AM4プラットフォーム対応の製品が用意され、マザーボードメーカー、型番にもよるが順次正式発表を開始している。

予定通りマザーボードの価格がintel対応製品より安めであれば、かなりコストパフォーマンスの高いデスクトップ向けPCシステムが構築出来るという事になる。

image

発売日時点で「マザーボードが品薄になる可能性あり」との情報もあるが、マザーメーカー各社発売日に間に合う様、出荷を調整中との事なので実際の過不足が判明するのはもう少し先、下手をすれば解禁日前日まで状況は変化しそうだ。

[2017-3-1 更新] マザーボードはやはり解禁直後は数が少ないようだ、さらに想定以上に注目が高まってきておりプロセッサーもモデルによっては発売週は品薄になるかもしれないとの事。(アーク担当談)

また秋葉原の一部のショップでは恒例の深夜販売も行うとの情報も入ってきているが、パソコンSHOPアークでは通例通り「解禁時刻よりアークオンラインストアにて販売を開始します(担当談)」との事だ。

関連情報


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。