image

AMD RYZEN 5プロセッサーシリーズ販売解禁、ただし6コアモデルのみ。

2017年4月11日(火)22:00よりAMDのZenアーキテクチャ採用Socket AM4対応プロセッサー「Ryzen 5」ファミリーの一部モデルが販売解禁。 販売を確認したのは6コア12スレッドの「Ryzen 5 1600X」、「Ryzen 5 1600」の2モデルで、4コア8スレッドの「Ryzen 5 1500X」、「Ryzen 5 1400」は出荷が間に合わず4月15日(土)に延期。

ビュー: 4547
公開日: 2017-04-11 (更新 2017-04-12)
関連タグ:

AMD「RYZEN 5」ファミリープロセッサーいよいよ販売開始

image

2017年4月11日(火) 22:00より日本国内でもAMDのZenアーキテクチャ採用「RYZEN(ライゼン)」プロセッサーファミリーの新シリーズ「Ryzen 5」の販売を開始した。

image

ただし販売を確認したのは4モデルのうち、6コア12スレッドの「Ryzen 5 1600X」、「Ryzen 5 1600」の2モデルで、4コア8スレッドの「Ryzen 5 1500X」、「Ryzen 5 1400」は代理店への到着が間に合わず2017年4月15日(土)11:00発売に延期を発表している。

▼ Ryzen5一部販売延期のニュース[外部メディア]

4月11日(火) 22:00より販売を開始した6コア12スレッドの「Ryzen 5 1600X」、「Ryzen 5 1600」の2モデル

4月15日(土) 11:00~に延期になった4コア8スレッドの「Ryzen 5 1500X」、「Ryzen 5 1400」

RYZEN 5シリーズも7同様、内蔵グラフィックス機能は非搭載なので別途グラフィックスカードが必要な点は留意しておきたい。

ラインナップ充実!今回は準備が整ったRyzen 5対応マザーボード

image

「RYZEN 5」の対応マザーボードは、「RYZEN 7」と同じく「Socket AM4」搭載マザーボードが対応している。

Socket AM4対応チップセットはマニア向け上位モデル「AMD X370」と、コストパフォーマンス寄りの「AMD B350」の、2タイプがラインナップされているがどちらもプロセッサーのロック解除(OC)は行えるので実質PCIe周りの拡張能力(SLI対応など)の違いと考えてよさそうだ。

ただし各社X370チップセット搭載モデルにより付加価値機能を追加(盛り込む)傾向にあるのでチップセット能力以上の価格差が開いている場合が多い。

3月のRyzen 7発売時には、マザーボードが不足してしまい長期品切れのモデルや購入数制限などかかってしまったが、今回のRyzen5解禁時点では、ラインナップも増えたこともあり「ある程度の数量が確保出来た(アークマザーボード担当談)」との事。

ただし、まだ油断は禁物で人気モデルは週末まで持たない可能性があるので、購入予定のマザーボードがすでに決まっているのであれば早めの確保をオススメしたい。

Ryzen 5プロセッサーファミリー性能比較表

Ryzen 5 1600X Ryzen 5 1600 Ryzen 5 1500X Ryzen 5 1400
Socket AM4 Socket AM4 Socket AM4 Socket AM4
6コア12スレッド 6コア12スレッド 4コア8スレッド 4コア8スレッド
定格3.6GHz/最大4.0GHz 定格3.2GHz/最大3.6GHz 定格3.5GHz/最大3.7GHz 定格3.2GHz/最大3.4GHz
倍率ロックフリー 倍率ロックフリー 倍率ロックフリー 倍率ロックフリー
グラフィックス機能非搭載 グラフィックス機能非搭載 グラフィックス非搭載 グラフィックス非搭載
TDP 95W TDP 65W TDP 65W TDP 65W
クーラー別売 クーラー付属 クーラー付属 クーラー付属
2017-4-11 22:00 販売解禁 2017-4-11 22:00 販売解禁 2017-4-15 販売開始 2017-4-15 販売開始

AKIBA PC SHOP STAFF POV(Point of view)

image
image

アークオンラインストアは2017年4月11日(火)22:00より販売を開始。

パソコンSHOPアーク秋葉原店舗(以下アーク店舗)は2017年4月12日(水)の営業開始時間(午前11時)から販売開始します。

また、アーク店舗では発売を記念して店舗限定、先着数量限定でRyzenパーツセット購入の形AMD公式RyzenノベルティグッズをプレゼントするAMDファン向けのキャンペーンを開催いたします。

また店舗Ryzen5販売初日の日替わりメモリーも要チェック(メモリー担当)との事。

さらにレジ横「ASRockコーナー」の店頭デモマシンがRyzen 5ベースに更新しました。

話題のRyzen5とX370マザーボードのシステムにCorsair Vengeance RGBメモリー(AMD非対応)などを、あえて使ってみる事で実際どのあたりまで動作、対応可能なのか?などを検証しながらデモしていく予定との事。

関連情報


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。