image

TESORO製ゲーミングデバイスの取り扱いを開始

台湾のゲーミングブランド「TESORO」から、マウス、キーボードを中心としたゲーム向け製品が発売された。機能性に優れ低価格が魅力の注目ブランドだ。

ビュー: 1279
公開日: 2017-04-20 (更新 2017-05-06)

TESORO(テソロテクノロジー株式会社)は、2011年に台湾で設立されたゲーマー向け製品のブランドで、今までもゲーミングキーボードなどの一部製品が国内で流通していたが、2017年4月20日より、株式会社オウルテックがTESORO製品の取り扱いを開始し、同日に10製品が一挙に発売された。

今回発売されたのは、キーボード3機種、テンキー1機種、マウス3機種、ヘッドセット1機種、マウスパッド2種類となっている。

image
image

キーボード

image
image
  • キーボードの中で注目したいのはGRAM SPECTRUMで、独自のAGILE Slim switchを採用している点だ。AGILE Slim switchはアクチュエーションポイントの深さが1.5mmの高速系スイッチとなっており、厚さ6.2mmのスリムなキートップを採用している。またUSBケーブルが着脱式となっているのも特徴だ。

  • EXCALIBAR SPECTRUMはスイッチにCherry MX 互換のKailh製青軸スイッチを搭載した堅実な仕様のキーボードとなっていいる。

  • Tizona Spectrumは、」Kailh製青軸スイッチ採用のテンキーレスキーボードで、別売りの「Tizona Spectrum Numpad」を左右どちらにもセット可能なユニークなキーボードだ。

4機種全てに個別設定可能なRGBバックライトを搭載し、プロセッサ、オンボードメモリ、ゲーミングモードなどを搭載したハイスペックな仕様となっているのだが、価格が2万円以下と搭載されている機能の割りに手頃な価格設定なのが魅力だ。

image
image
image

マウス

  • Ascalon Spectrumは、最大解像度6400DPIの光学式センサーを搭載した7ボタン仕様のマウスで、左メインスイッチの左上にトリガーボタンを搭載しているのが特徴。

  • Sagitta SpectrumはIE3.0クローン系デザインのマウスで、センサーは最大解像度5000DPIの光学式センサーを搭載。こちらは6ボタン仕様。

  • Sharur Spectrum 2.0は左右対称デザインの6ボタンマウスで、最大解像度4000DPIの光学式センサーを搭載。スペックは控えめだが低価格なのが魅力。

3機種共にメインスイッチはオムロン製スイッチを採用し、全てのボタンのカスタマイズが可能となっている。

image
Ascalon Spectrum
image
Sagitta Spectrum
image
Sharur Spectrum 2.0

ヘッドセット

image

Olivant PROは、50mmドライバーユニットを搭載した7.1バーチャルサラウンド対応ゲーミングヘッドセットで、付属のUSB7.1インラインコントロールを使用した際に7.1バーチャルサラウンドサウンドが可能となる。

その他、スプリッタ・アダプタケーブルも付属し、PCの他にMacやモバイル機器、PS4など幅広い機器に対応しているのが特徴だ。

ブラックで統一されたシンプルなデザインで、税込価格7,344円(2017年4月時点)と低価格なのが特徴だ。

マウスパッド

image
image
image

Aegis X2~X3 Mouse Padは、高い密度と滑らかな表面を備えた最新の3Dファブリック技術を採用した布製マウスパッドだ。ほつれを防止するステッチ加工が施してあり、撥水か耐水か防水かはわからないが、多少の水分なら大丈夫なようだ。

サイズは2種類用意されている。


TESORO製品一覧はこちら

TESORO新作発表会(2017年4月20日)

2017年4月20日、TESORO製品の新作発表会が都内にて行なわれた。

当日の会場の様子と展示されていた製品を写真でご紹介しよう。

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image

関連記事

ライター

STAFF H

PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)