image

RX 500シリーズ出揃う、「RADEON RX 560」GPU搭載グラフィックスカード国内販売開始

2017年5月13日(土)よりSAPPHIREからAMDのPolarisアーキテクチャを採用する「RADEON RX 560」GPU搭載グラフィックスカードが登場。 販売を確認したのは「PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 OC」、「PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5」、「PULSE RADEON RX 560 2G GDDR5 OC」の3モデルで、この製品の登場によりRADEON RX 500シリーズが一通り出揃った形となった。

ビュー: 2756
公開日: 2017-05-13
関連タグ:

RX 500シリーズ最後発「RADEON RX 560」搭載グラフィックスカードがSAPPHIREから登場。

image

2017年5月13日(土)より「RADEON RX 560」を搭載するグラフィックスカードの販売が開始された。

RADEON RX 560」は2017年4月18日にAMDが発表した第2世代Polarisアーキテクチャを採用するGPU「Radeon RX 500」シリーズのエントリークラスに位置する製品。

もう少し掘り下げると、昨年発売されたRadeon RX 460が採用するPolaris11をベースに演算ユニットを2基増やし、動作クロックなども引き上げた事で、パフォーマンスは向上しており、フルHDでFPSなどの3Dゲームをそこそこ楽しみつつ動画再生などを滑らかに楽しみたいといったユーザーが低価格で購入できるグラフィックスカードだ。

image

販売を確認したのはセミファンレス仕様のシングルファンを搭載するSAPPIREのスタンダードシリーズ「PULSE」から、オーバークロック仕様で補助電源が必要な4GBメモリー搭載モデル「PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 OC」と、2GBメモリー搭載モデル「PULSE RADEON RX 560 2G GDDR5 OC」。 そして補助電源不要な低消費電力モデル「PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5」の3モデル。

image

レアもの補助電源不要なRX 560

PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 HDMI/DVI-D/DP (UEFI) BOX (型番:11267-01-20G/VD6353)はGPUブーストクロックをリファレンスの1275MHzよりダウンクロックした1216MHzに設定する事で本来バスパワーでは補えないTDP80Wの壁を引き下げ補助電源無しを実現しているのが特長。

5月13日現在で発表されているRX 560搭載カードは補助電源を要するモデルが多く、この製品はそういった意味で特別な存在となりそうだ。

セミファンレス仕様のSAPPHIREオリジナルクーラーを搭載するPolarisアーキテクチャー採用エントリーGPU RADEON RX 560搭載グラフィックスカード。搭載メモリ4GBモデル。
取扱終了
詳しく見る

OCモデルはメモリー容量別の2バリエーション展開

PULSE RADEON RX 560 4G GDDR5 HDMI/DVI-D/DP OC (UEFI) BOX (11267-00-20G/VD6352)と、PULSE RADEON RX 560 2G GDDR5 HDMI/DVI-D/DP OC (UEFI) BOX (型番:11267-02-20G/VD6354)はメモリー搭載容量が異なる以外は同スペックでGPUブーストクロックをリファレンスの1275MHzよりオーバークロックした1300MHz動作を実現、補助電源は6Pinx1仕様となっている。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)