image

256色発光対応ファン採用でRyzenにも対応する水冷一体型CPUクーラー「Thermaltake Water 3.0 Riing Edition 280」

Thermaltakeからコントローラー付きの256色発光対応の140mm LEDファン2基と280mmサイズのラジエーター、銅製ベースにポンプを内蔵した薄型ウォーターブロックを組合わせたRyzenやKabylakeなどの各種インテル、AMDプロセッサーに対応する一体型水冷CPUクーラー「Water 3.0 Riing Edition 280(型番:CL-W138-PL14SW-A)」が登場、2017年5月20日(土)より販売を開始する。

ビュー: 1080
公開日: 2017-05-19 (更新 2017-06-11)

256カラーLEDファン搭載のメンテナンスフリー簡易液冷CPUクーラー

image

「Water 3.0 Riing Edition 280(型番:CL-W138-PL14SW-A)」は256色発光対応ファンとラジエーター、ウォーターブロックをセットにしたメンテナンスフリー型の水冷一体型CPUクーラーThermaltakeの「Water 3.0 Riing Editionシリーズ」の1つで、Riing 14 - 256Color LEDファン×2と280mmサイズラジエーターを組み合わせたバリエーションモデル。

image

主な特長は、銅製ベースにポンプを内蔵した薄型ウォーターブロックの採用や、付属の専用コントローラーにより制御可能な256色での発光に対応した「Riing 14 - 256Color LEDファン」を2基標準搭載した280mmラジエーターを組合わせる事で魅せつつ大口径ファンのアドバンテージを活かした静音でのそこそこの冷却能力を発揮できるバランスを有している点など。

また、専用コントローラーはLEDカラーだけでなくファンの回転数を切り替えることも可能。

image
image

主な仕様は、ラジエーターの材質はアルミニウムでサイズは313×139×27mm、ラジエーターに搭載されているファンはRiing 14 LED RGB 256 Colors Radiator Fan x2で回転数は800~1500RPM(静音モード時 400~1000RPM)、風量は最大22.14~40.6CFM、静圧は最大0.57~2.01mm H2O、ノイズ18.5~26.4dB-A、コネクターは5ピン。

ポンプは12V/175mA、ケーブル長は326mm、重量は1181gなど。

対応プロセッサーは、IntelソケットLGA2011-3/2011/1366/1156/1155/1151/1150、AMDソケットFM2/FM1/AM4/AM3+/AM3/AM2+/AM2など。

256色の発光に対応したRiing LEDファンと放熱効率に優れたラジエーターを採用する水冷一体型CPUクーラー
CL-W138-PL14SW-A
税込価格: 21,384円
詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)