image

ASUSからシンプルでタフなビジネス向けQ270採用MicroATXマザーボード「PRIME Q270M-C/CSM」

ASUSのPRIMEシリーズよりインテルQ270チップセットを搭載するソケットLGA1151 KabyLakeプロセッサー対応MicroATXマザーボード「PRIME Q270M-C/CSM」が登場。 比較的レアなビジネス向けQ270チップセットを採用しASUS Commercial BIOS Kitにも対応。

ビュー: 2684
公開日: 2017-05-26

ビジネス向けQ270チップセット搭載のASUS MicroATXマザーボード

image

「ASUS PRIME Q270M-C/CSM」はインテルvProテクノロジーなどに対応するビジネスソリューション向けチップセットQシリーズの上位モデル「Q270」チップセット搭載でKabyLakeなどソケットLGA1151プロセッサーに対応するMicroATXマザーボード。 2017年2月に発表され、5月26日より正式に国内でも販売を開始している。

image

主な特長は、大量導入や一括管理に最適な、ブートロゴの変更やIntel ME Driver、OEMアクチベーションツールを統合した「ASUS Commercial BIOS Kit」に対応。 独自高耐久機能「5X Protection III」に準拠、温度45℃、湿度80%の厳しい環境化での168時間におよぶエージングテストを実施することで、24時間365日の連続運用に耐えられる安定性と信頼性を実現している。

また最近では逆に珍しいスタンダードな緑色の基板の採用、発光機能など余計な機能を排除、シンプルな白地のパッケージデザインなど、見た目的にもビジネス向けに仕上げてきている。

image

主なスペックは、フォームファクタはMicroATX(244x244mm)、CPUソケットはLGA1151(KabyLake、Skylake世代プロセッサー対応)、チップセットはQ270、メモリは288pin DDR4-2133/2400 DIMM x4(最大64GBまで増設可能)、拡張スロットはPCIe 3.0×16 x1とPCIe 3.0×1 x2、PCIスロット x1、ストレージはSATA x6、PCIe Gen3 x4(32Gb/s)接続対応M.2(KeyM) x1とPCIe Gen2 x4(32Gb/s)接続対応M.2(Key M) x1、ネットワークはIntel I219-LM GIGABIT LAN、オーディオはALC887 8CH HD Audio Codec、その他、USB3.0 Type-A x6とUSB2.0 Type-A x2をバックパネルに搭載している。

ASUSスタンダードモデル「PRIME」シリーズ! 第7世代インテルプロセッサー対応のintel Q270チップセット搭載ビジネス向けMicroATXサイズマザーボード! PCIe 3.0 x4接続のM.2スロットやintel vProテクノロジー対応の intel I219-LM GIGABIT LAN等を搭載しています。
PRIME Q270M-C/CSM
税込価格: 19,224円

送料無料

詳しく見る

Q270チップセットとは?

Q270はZ270と同等の性能を持ちつつ、「インテル® vPro テクノロジー」、「インテル® Standard Manageability」、「インテル® ステーブル・イメージ・ プラットフォーム・プログラム (SIPP)」、「トラステッド・エグゼキューション・テクノロジー」などをハードウェアレベルで対応可能なビジネス向けに特化したチップセット。

インテル® vPro テクノロジーとは?

インテル® vPro テクノロジーはQ270チップセット搭載マザーボードと第7世代コアシリーズプロセッサーのIntel Core i7-7700、Core i7-7700T、Core i5-7500、Core i5-7500T、Core i5-7600、Core i5-7600Tのいずれかを組み合わせる事でハードウェアレベルでセキュリティーを強化できるビジネス向けのソリューション 。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。