image

EPIC GEARから「正確な操作の実現」に注力したゲーミングマウスパッド「GRYPHUZ」登場

2015年10月30日からEPIC GEARの新ゲーミングマウスパッド「GRYPHUZ」の販売が始まった、ラインナップはブラックカラーにシンプルなロゴ入りのGryphuZ PRO(EGPGP1-OBPA-AMSG)、EpicGearデザインロゴがプリントされているGryphuZ PRO X(EGPGP1-FCPX-AMSG)とGryphuZ ULT(EGPGP1-FCUL-AMSG)の3モデルとなる、コンセプトは「正確な操作の実現」だ。

ビュー: 1583
公開日: 2015-11-03
関連タグ:

EPIC GEARといえば

image

「EPIC GEAR(エピックギア)」は2012年に光学式とレーザー式をデュアル実装したハイテク系ゲーミングマウス「MeduZa(メデューサ)」が話題となった台湾のメモリメーカー「GeIL」のゲーミングブランドだ。

image

そしてGeIL自身も温度でLEDの点滅速度が変化するコンセプティブなゲーミングメモリー「SUPER LUCE」などを発売している、方向性が他社と違い、コダワリ、テクノロジーでマーケティングしてきている事が特徴なアイディア系メーカーだ。

ゲーミングマウスパッド「GRYPHUZ(グリフィス)」

image
image

今回発売となったEPICGEAR GRYPHUZ(グリフィス)は同社で既に発売中のスピード性重視の「HYBRID PAD」コントロール重視の「COMPOXITE」に続く第3弾として「正確な操作の実現」に焦点を当てて設計されている。

素材は主にポリエステルと天然ゴムを使用。

image

実は本来このマウスパッドは同社が2015年11月13日(金)より発売予定の重量調整機能付きシンメトリカル形状のゲーミングマウス「EpicGear ZorA(ゾラ)」のパートナー的ポジションになる予定だったがマウス本体よりも先に発売された形となっている。

特徴

image

全てのセンサータイプで一貫性のあるコントロールを実現

GryphuZは、すべてのセンサータイプ・感度をテストを行なっており、ハイセンシのレーザーセンサータイプからローセンシの光学式センサー、さらに同社のHDSTハイブリッドデュアルセンサーシステムまであらゆるセンサーの種類、設定に対応している。

主な仕様

image

サイズ(LxWxH):

  • Pro : 400mm x 350mm x 6mm

  • Pro X: 400mm x 350mm x 6mm

  • ULT : 930mm x 320mm x 3mm

重量:

  • Pro : 455g

  • Pro X: 528.5g

  • ULT: 531g

対応マウス条件:

レーザー、光学式センサータイプのゲーミングマウスもしくはEG HDSTゲーミングマウス

ラインナップ

正確性を重視した大判ゲーミングマウスパッド。EPIC GEARオリジナルフルカラープリントデザイン。
取扱終了
詳しく見る
正確性を重視した大判ゲーミングマウスパッド。EPIC GEARオリジナルフルカラープリントデザイン。
取扱終了
詳しく見る
正確性を重視した大判ゲーミングマウスパッド。ブラックモデル。
取扱終了
詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。