image

Corsair LINKがバージョンアップ、Vengeance RGBとLEDシリーズがRyzen環境に対応

Corsairから同社製品の各種コントロールがソフトウェアベースで行える「Corsair LINK」の最新バージョン「4.7.0.77」が2017年5月19日にリリースされている。 このバージョンアップより同社LEDライトバー搭載DDR4メモリー「Vengeance RGB」と「Vengeance LED」の2シリーズが、AMD Ryzenプラットフォームへ初対応、発光パターンなど照明制御が可能に。

ビュー: 25072
公開日: 2017-06-04

Corsair LINKソフトウェアがRYZENに対応、LED発光制御が可能に

image

2017年5月19日にCorsair LINKソフトウェアの新バージョン「4.7.0.77」がリリース。

このバージョンの大きな特長は、コルセアメモリーブランドののLEDバー搭載モデル「「Vengeance RGB」と「Vengeance LED」の2シリーズがAMD RYZEN環境でのLED制御に対応した事。

image

制御の内容についてはインテルプラットフォーム同様、Corsair Linkの「Configure LED」ウィンドウから、LED点灯モード、点灯モードの速度などをモジュール毎の独立もしくはグループ連動で設定、制御できる。

image

Corsair LINKを既に導入している場合は、[オプション] -> [バージョン情報]をクリックし、[更新の確認]からアップデートが可能。

まだインストールしていない場合は、無償で提供されているので以下のコルセア公式サイトのダウンロードセクションにて入手しインストールする必要がある。

▼ コルセアリンクダウンロードページ | Corsair公式サイト

Vengeance RGB/Vengeance LEDシリーズRyzen対応メモリーリスト

image

上記のRyzenに対応というのはあくまでも「LEDの発光制御に対応した」、という意味で、パフォーマンス面、つまりオーバークロックメモリー特有の動作と互換性(対応上限がマザーボード毎に異なる事)については従来通り変わっていない。

以下は光るコルセアメモリーシリーズのRyzenサポートメモリーリストになるが、対応速度はマザーボード性能に依存するので、高速動作タイプ(DDR4-3000以降)のモデルを検討している場合は、マザーボードOC対応の有無や上限の確認、そして最新のBIOSアップデートなどを事前に行っておく事をお勧めしたい。

image
VENGEANCE RGBシリーズ LEDバーカラー モジュール枚数 合計容量 速度 CASレーテンシ
CMR32GX4M4A2666C16 RGB 4 32GB 2666 16
CMR16GX4M2A2666C16 RGB 2 16GB 2666 16
CMR16GX4M2C3000C15 RGB 2 16GB 3000 15
CMR16GX4M2C3200C16 RGB 2 16GB 3200 16
image
VENGEANCE LEDシリーズ LEDバーカラー モジュール枚数 合計容量 速度 CASレーテンシ
CMU64GX4M​​4A2666C16 ホワイト 4 64GB 2666 16
CMU64GX4M​​4A2666C16B ブルー 4 64GB 2666 16
CMU64GX4M​​4A2666C16R レッド 4 64GB 2666 16
CMU32GX4M2A2666C16 ホワイト 2 32GB 2666 16
CMU32GX4M2A2666C16R レッド 2 32GB 2666 16
CMU32GX4M4A2666C16 ホワイト 4 32GB 2666 16
CMU32GX4M4A2666C16B ブルー 4 32GB 2666 16
CMU32GX4M4A2666C16R レッド 4 32GB 2666 16
CMU16GX4M2A2666C16 ホワイト 2 16GB 2666 16
CMU16GX4M2A2666C16R レッド 2 16GB 2666 16
CMU16GX4M2C3000C15 ホワイト 2 16GB 3000 15
CMU16GX4M2C3000C15B ブルー 2 16GB 3000 15
CMU16GX4M2C3000C15R レッド 2 16GB 3000 15
CMU16GX4M2C3200C16 ホワイト 2 16GB 3200 16
CMU16GX4M2C3200C16B ブルー 2 16GB 3200 16
CMU16GX4M2C3200C16R レッド 2 16GB 3200 16

今までは発光制御はインテル環境のみが可能だったため、発光PCの構築を検討しているRYZENユーザーにとっては待望のリリースとなりそうだ。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。