image

東プレのゲーマー向けキーボード「REALFORCE RGB」の日本語配列版が発売

フルカラーLEDバックライトを搭載した東プレ初のゲーミングキーボード「REALFORCE RGB」の日本語配列版が2017年6月23日に発売された。英語配列版の発売から半年以上が経過し、待望の発売だ。

ビュー: 2741
公開日: 2017-06-23

日本語表記が一切無いスッキリとしたデザイン

image

英語配列版の発売以来、待ちに待った「REALFORCE RGB」の日本語配列版である。

基本的には配列が日本語になった以外は英語配列版と同仕様となっている。機能等の詳細は、以前に英語配列版を紹介した記事の方を参照いただきたいと思うが、「REALFORCE RGB」の特徴を改めて簡単にまとめてみた。

関連記事

  • 静電容量無接点方式スイッチ搭載
  • スイッチのオン位置を調節できるAPC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能を搭載
  • キースペーサー(別売)でキーストロークの調整が可能
  • 1,680万色LEDバックライト
  • ステップスカルプチャー構造
  • 2色成形キーキャップ
  • カスタマイズ可能な十字型キーキャップ
  • フルNキーロールオーバー
  • 各機能をカスタマイズ可能な専用ソフトウェア
  • 信頼の日本製

以上、様々なゲーム向け機能を搭載したハイグレードキーボードとなっている。

キー数は、4個の特殊キー含む112キーレイアウトとなっており、かな表記は無しとなる。

かな表記以外でも、半角/全角、変換、無変換等もアルファベットもしくは記号での表記となっており、英語配列版とあまり変わらない外見となっているのも特徴だ。(当然一部キーの形状やキー数は異なる)

image
image
image

英語配列版の紹介の記事でも触れたが、価格だけ見れば高価な部類なのだが価格以上の価値を持った製品であることは間違いないかと思われる。

筆者的にはかなりオススメのゲーミングキーボードではあるのだが、簡単に買い替え、といかない価格であることも事実であろう。購入を迷っているユーザーは(可能ならば)店頭等でデモ機を実際に触れてみて、その品質の高さ、完成度の高さを是非体験してみていただきたいと思う。

製品仕様

製品名 REALFORCE RGB(日本語配列モデル)
メーカー 東プレ
型番 AEAX02
発売日 2017年6月23日
キーレイアウト 日本語配列112キーレイアウト
キー構造 静電容量方式(無接点)
キーストローク 4mm
押下圧 45±15g
複数キー同時押し フルNキーロールオーバー対応
バックライト 搭載
LEDカラー RGB
サイズ 455(W)mm x142(D)mm x30(H)mm
本体重量 1.4Kg
インターフェイス USB
ケーブル長 1.5m
ソフトウェア 専用ソフト有り (メーカーホームページよりダウンロード)
1680万色のLED バックライト機能とキーストロークの深さを調節できるAPC (Actuation Point Changer)機能を搭載した東プレ製初のゲーミングキーボード
AEAX02
5% OFF
税込価格: 26,480円

送料無料

詳しく見る

東プレ

東プレ(トウプレ)について

独自の静電容量無接点方式を活かして開発、製造されたキーボードは、長時間の入力作業でも疲れにくく、さらに優れた耐久性も兼備。各種入力専用機として金融機関、データ入力センターなどをはじめ、PC配列キーボード「REALFORCE」は多くのお客様から高い支持を得ています。 また、クレジット業界のグローバルセキュリティ基準「PCI」に準拠したPIN PADは、多くの銀行やコンビニATMで高いセキュリティを実現しています。

>> 東プレ株式会社商品一覧

>> メーカー公式

関連記事

ライター

STAFF H

PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)