image

ASRockから待望のAMD RYZENプロセッサー対応「Mini-ITX」マザーボード2モデル登場

ASRockのゲーミングシリーズ「Fatal1ty」よりAMD RYZENプロセッサーに対応する小型フォームファクタMini-ITXサイズのマザーボード2モデルが登場、2017年7月12日(水)より販売を開始。 入荷を確認したのはX370チップセットを搭載する「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」、B350チップセットを搭載する「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」の2モデル。PCIe 3.0 x4接続のM.2スロット、intel GIGABIT LAN、intel製802.11ac対応 WiFi等を搭載し機能も充実。

ビュー: 2011
公開日: 2017-07-12
関連タグ:

ASRockのRyzen対応Mini-ITXゲーミングマザーボード2モデル

image

ASRockのゲーミングシリーズ「Fatal1ty」からソケットAM4(RYZENシリーズ)プロセッサー対応の「Mini-ITX」マザーボード2モデルが登場、2017年7月12日(水)より販売を開始している。

image
image

入荷を確認したのは、AMD X370チップセットを搭載する「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」と、AMD B350チップセットを搭載する「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」の2モデル。

image
image

両モデルの違いはチップセットがB350とX370で異なる事、そして無線ネットワークの対応がB350モデルは最大433Mbpsだが、X370モデルは2本のアンテナで 2(送信)x2(受信)のダイバーシティ・テクノロジーに対応し最大867Mbps転送に対応している点など、それ以外は同仕様と考えてよさそうだ。

image

主なシリーズ特長は、デジタル制御の8フェーズ電源回路や、2oz銅を使用したPCB、12Kブラック コンデンサなどの採用による安定性、信頼性の高さ。またTDP95WまでのAM4プロセッサーに対応、DDR4 3466+までオーバークロック対応可能なメモリーソケットなど170mmx170mmとコンパクトなMini-ITXフォームファクタながらハイスペックで常用可能な機能を備えている。

image

また、RGB LEDとAMD LEDファンに対応するピンヘッダーを備え同社ユーティリティを使用する事で各種コントロールが可能。

image

その他、共通仕様としてはメモリーは288Pinデスクトップ向けのDDR4-3466+(OC、RYZEN時)対応DIMM x2スロットを実装し最大で32GBまで搭載可能。 ストレージはSATA3.0(6Gbps)x4ポート、SATA/PCIe Gen3×4接続対応のM.2ソケット x1、PCI-Express3.0(x16)x1スロット、Intel I211-ATギガビットLAN、Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth v4.2 (intel)、Creative SoundBlaster Cinema 3 (Realtek ALC1220) 8CH HD Audio Codecなど。

AB350 Gaming-ITX/ac
税込価格: 15,984円
詳しく見る
X370 Gaming-ITX/ac
税込価格: 19,980円
詳しく見る

フォームファクタはMini-ITXで、サイズは170x170mm。

コンパクトなRYZEN構築用マザーボードの一つとして定番化していくであろうこの製品を待ち望んでいた人は少なくない。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)