image

Kaby Lake-X版「Core X-Seriesプロセッサー」も国内販売開始

インテルの新ソケット「LGA2066」に対応するインテルの新HDT「Core Xシリーズ」プロセッサーにKabyLake-Xを採用する下位モデルが2017年7月21(金)11:00より国内販売を開始。 販売を開始したのは「Core i7-7740X」で、「Core i5-7640X」は21日のお昼過ぎに滑り込みで入荷次第販売を開始するとの事。 これで先に発売されたSkylake-X 3モデルを含め6月26日に解禁された5モデル全てがようやく国内でも出揃った事になる。

ビュー: 3443
公開日: 2017-07-21 (更新 2018-04-03)

LGA2066版Core i5を含むKabyLake-Xも国内販売開始

image

2017年7月21日(金) 11:00よりインテルの新ソケットLGA2066に対応するハイエンドデスクトッププロセッサーCore Xシリーズに国内でも発売が遅れていた「Kaby Lake-X」モデルも販売開始。

image
image

ただしパソコンSHOPアークでは販売開始のタイミングがKaby Lake-Xの4コア8スレッド「Core i7-7740X BOX(型番:BX80677I77740X)」が11:00から、4コア4スレッド「Core i5-7640X BOX(型番:BX80677I57640X)」は同日入荷予定とギリギリ間に合わず到着次第、販売を開始するとの事。

[追記]Core i5-7640X BOXも販売開始を確認

image

ワールドワイドでは6月27日(月) 22:00より販売解禁していたCore Xシリーズ5モデルがようやく国内でも出揃った事になる。

KabyLake-X 2モデルの注意点としてはメモリーコントローラーがSkylake-Xとは大きく異なり、マザーボードのスロット数に係らずデュアルチャンネル動作、増設枚数は4枚、最大容量は64GBとなるので覚えておきたい。

モデル名 対応メモリ 最大増設枚数 最大搭載容量 動作チャンネル
Kaby Lake-X Core i5-7640X DDR4-2666 4 64GB デュアルチャンネルx2
Core i7-7740X DDR4-2666 4 64GB デュアルチャンネルx2
Skylake-X Core i7-7800X DDR4-2400 8 128GB クアッドチャンネルx2
Core i7-7820X DDR4-2666 8 128GB クアッドチャンネルx2
Core i9-7900X DDR4-2666 8 128GB クアッドチャンネルx2

動作クロックやキャッシュ、レーン数などもモデル毎に異なるため以下の表にまとめてみた。

Core Xシリーズラインアップ比較表

製品名 コードネーム コア数 スレッド数 クロック ターボ時 キャッシュ レーン数 TDP 対応メモリー 国内発売日
Core i5-7640X KabyLake-X 4 4 4.0GHz 4.2GHz 8MB 16 112W DDR4-2666 2017年7月21日
Core i7-7740X KabyLake-X 4 8 4.3GHz 4.5GHz 8MB 16 112W DDR4-2666 2017年7月21日
Core i7-7800X Skylake-X 6 12 3.5GHz 4.0GHz 8.25MB L3 28 140W DDR4-2400 2017年7月14日
Core i7-7820X Skylake-X 8 16 3.6GHz 4.3GHz 11MB L3 28 140W DDR4-2666 2017年7月14日
Core i9-7900X Skylake-X 10 20 3.3GHz 4.3GHz 13.75MB L3 44 140W DDR4-2666 2017年7月14日

2017-7-14より国内でも販売を開始しているSkylake-X 3モデル

これで6月26日 22:00に解禁されたSkylake-X 3モデルを含めた5モデル全てがようやく国内でも出揃った事になる。

CORE Xシリーズ対応マザーボード

image

KabyLake-Xも基本的にはSkylake-X同様、X299チップセット搭載LGA2066対応マザーボードと組み合わせて使用するが、コストパフォーマンス重視のマザーボードと組み合わせていくのが定石となる。

それでも今の所、X299マザーボードは各社どの製品もそれなりにOC耐性が高いのでそれでもかなり攻めたチューニングは出来そうだ。

CORE Xシリーズ対応メモリー

image

CORE Xシリーズプロセッサーに対応するメモリーは基本的にデスクトップ用の288Pin DDR LongDIMM、ECCやバッファには対応していないスタンダードなものになる。

マザーボードには通常メモリーソケットが8つ搭載されているが、注意点として「KabyLake-X」の場合、そのうち4ソケットまでしか使用できない。 また、デュアルチャンネル動作の為、増設は2枚1組で行うことになる。

速度については定格であればSPD 2666MHzモデルがオススメだが、KabyLake-Xの場合、メモリーの最大増設枚数が半分に制限され、動作もデュアルチャンネルになった分、オーバークロック耐性が向上しているので、思い切ってOC系で攻めてみても面白いかもしれない。

定格動作ならこの2製品がオススメ

SMD4-U16G48M-26V-D
税込価格: 8,580円
詳しく見る
CT2K8G4DFS8266
税込価格: 6,970円
詳しく見る

CORE Xシリーズプロセッサーや対応マザーボード、メモリー特集

アークオンラインストアではCORE Xシリーズ関連アイテムをまとめた特集ページがオープンしているので是非チェックしてみてほしい。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。