image

ROCCATから、 ハイレゾ対応の密閉型ゲーミングヘッドセット「Khan PRO」が発売

ドイツのゲーミングブランドROCCATから、洗練されたデザインと豊かな高音域と中低音域を実現するハイレゾサウンドが特徴のゲーミングヘッドセット「Khan PRO」が発売された。

ビュー: 1139
公開日: 2017-10-12 (更新 2017-10-13) new
関連タグ:

eSportsレベルのクオリティを実現

image

Khan PROは、ROCCAT社10周年記念の第一弾商品となり、ゲーミングディバイス業界初のハイレゾ対応ゲーミング・ヘッドセットとなる。カラーはブラックとホワイトの2色展開。

image
image
image

製品パッケージやメーカーホームページ、公式動画には、日本オーディオ協会が商標権を所有しているハイレゾロゴが使用されており、動画にはロゴの下に”CERTIFIED”(認定)と表記されているので、Khan PROは協会が定めた「ハイレゾ」の定義を満たした製品としている。

尚、ロゴマークの使用はハイレゾ対応の申請をメーカー側が申告することにより可能となり、協会側による製品自体の審査等が行われている訳ではない。決して製品性能を疑う訳ではないのだが、自己申告制であるということは念のため付け加えておく。

搭載されているドライバーの口径は50mmと大型のモノを使用。

周波数特性は10Hz~40kHzとなり、高域再生性能が40kHz以上が可能であることと定めている「ハイレゾ」の定義を満たしている。

image
image
image

イヤーカップは耳にしっかりフィットするような形状とアングルで取り付けられており、さらに95度の回転が可能でどんな頭にも完全フィットするとしている。イヤーパッドは合皮の形状記憶イヤーパッドを使用。

また、イヤーカップ部にはボリュームコントロールダイヤルが搭載されており、マイクミュートはマイクを折りたたむことにより自動でミュートされるようになっている。

接続は標準で3.5mmプラグx2となっており、モバイル機器用の4極変換ケーブルが別途付属する。マルチプラットフォームに対応しているが、どちらかと言えばPC向けの製品だろう。

image
image
image

見た目も今までのROCCAT製ヘッドセットと大きく異なっており中々かっこいいデザインに仕上がっているかと思う。本体重量が230g(ケーブル除く)と軽量なのも魅了だ。

只、ゲーム用途でハイレゾ対応が有用なのかを疑問に感じるユーザーもいるかと思う。また、ハイレゾ対応と聞くと音が良いと思われがちだが、必ずしも”ハイレゾ対応=高音質”という訳ではない。

厳しい見方かもしれないが、ゲームでどこまでハイレゾ対応による恩恵を受けられるか、およびサウンドそのものの質に関しては自身の耳で実際に確かめてみないと何とも言えない、というのが現状だろう。

反面、メーカーが謳うように新たに業界のスタンダードと成り得るか、期待の持てる、または期待したいと思わせる製品でもある。

製品仕様

製品名 ROCCAT KHAN PRO
メーカー ROCCAT
発売日 2017年10月12日
型番 ブラック:ROC-14-622-AS
ホワイト:ROC-14-621-AS
ヘッドホン部
ヘッドホン構造 密閉型
ドライバーユニットサイズ 50mm
周波数特性 10Hz-40kHz
インピーダンス 25Ω
THD% @ 1kHz 1%
マイク部
マイク感度 -40dB
S/N比 60dB
THD% @ 1kHz 2%
本体重量 230g(ケーブル除く)
ケーブル長 2.45m
接続I/F 3.5mmオーディオプラグ&3.5mmマイクプラグ
対応機種 PC、Mac、PS4、Xbox One、モバイル機器
ゲーミングディバイス業界初のハイレゾ対応ゲーミング・ヘッドセット。
ROC-14-622-AS
5% OFF
税込価格: 13,317円

送料無料

新発売

詳しく見る
ゲーミングディバイス業界初のハイレゾ対応ゲーミング・ヘッドセット。
ROC-14-621-AS
5% OFF
税込価格: 13,317円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連動画

関連記事

ライター

STAFF H

PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)