image

ゲーミングマウスパッド「ZOWIE G-SR SE」 - アークSTAFFレビュー [PR]

より滑りが良くなったゲーマー向けマウスマッドBenQ ZOWIE「G-SR SE」。アキバのPCゲーム専門店アークのスタッフM君がしばらく使ったレポートを元にレビューしてみた。

ビュー: 12605
公開日: 2018-01-26
image

まいど、matsuiです。

BenQ ZOWIEのマウスパッド「G-SR SE」をレビュー用として頂いたので「G-SR SE」のレビューをしたいと思います。

今回、販売が決定したG-SR SEは、G-SRのカラーバリエーションとして登場しただけでは無く、表面がコーティングされているので、マウスの滑走時のフィーリングも少し変わっているとの事。

今回はこの点について触れていきたいと思います。

~G-SR SE~

image
image

箱はG-SRと全く一緒の箱になります。勿論かっこいいのは変わりませんが、G-SRとの判別方法として商品シールの記載”G-SR-SE”となっているので購入する際は、少し気を付けた方が良いかもしれません。

先に結論から言うと間違いなくG-SRと比べG-SR SEの方が、滑ります

滑りの感覚は個人的には旧G-SRに限りなく近いかと思われます。

image

これは、旧G-SRと同じように、SEにはマウスの滑走面にコーティングがされている為、その分マウスを滑らせた際の摩擦が少ない為だと思います。 しかもコーティングによって湿気等にある程度強いのも、日本で使う上でのメリットだと思います。

ただ賛否両論な部分としては、表面が俗に言う”柄付き”パッドなので、マウスセンサーに対して少し優しくないのと、ステッチ加工が無いため劣化した際には、端から表面の布が剥がれてしまう可能性があります。 実際におおよそ二か月使ってみましたが、端の方が少しほつれてきてしまいました。 ただ、本格的に劣化して来ると滑るのが好きなマウスパッドを選んでいる大半のユーザーは買い替えるほうが早いはずなので気にするほどではないかもしれません。

ただステッチ加工されたマウスパッドは、机との相性で裏面のゴムが機能せずズレてしまう事があるので、一概に悪いとは言えないです。 最近のマウスセンサーも高性能になってきているので、余程古いマウスで無ければ、柄があるからと言って然程気にしなくても良いかもしれません。 個人的には滑るマウスパッドの方が好みなのでG-SR SEは、かなり使いやすいです。 ただ滑るマウスパッドよりも滑らない方が好みのユーザーは、現行のG-SRの方が使いやすいと感じると思います。

~総評と感想~

image

G-SR SEは、旧G-SRの柄を変更したマウスパッドにかなり近いです。 現行のG-SRは旧G-SRと比べ滑りにくい表面加工だった為、ユーザーの中には旧G-SRを使い続けているユーザーも多いのではないでしょうか。

マウスパッドに関しては、滑りやすさや止めやすさは千差万別です。 その為、個人的にはマウスと同じくらい選ぶのが難しいと思います。

滑るからいい、止まるからいいマウスパッドという指標があれば分かりやすいのですが、そんなものは無いので大変だと思います。

なので、もしG-SRよりも滑るマウスパッドや、次のマウスパッドの移行先を探しているのであれば一度は試してみるべきマウスパッドです!

平らでスムーズなテクスチャにより、一貫した滑らかで快適な滑りを提供する「G-SR」のロゴデザインバージョン。通常版(ブラック)とは異なる滑らかさとスピード感が特徴。
取扱終了
詳しく見る

ZOWIE

ZOWIE(ゾーイ)について

2008年に設立されたゲーミングデバイスメーカー。作りうる最高のeスポーツ用ゲーミングデバイスを開発することを使命として、経験豊かで創造性に富むスタッフたちが、ただゲームに対する純粋な情熱を共通基盤として連帯し、最も優れたゲーミングデバイスを開発することを目指しています。 2015年12月にBenQ社のゲーミングブランドへ。

>> ZOWIE商品一覧

>> メーカー公式

関連記事