image

G.Skill Trident Zシリーズ最速のX299向けDDR4-4600や、Z370にも対応するDDR4-4500メモリがアキバに登場

G.Skill販売製品の最速モデルがDDR4-4600へ更新。 入荷、販売開始を確認したのは選別OCメモリー「Trident Z」シリーズのX299向け「F4-4600C19D-16GTZKKC」で、テストスペックは速度がDDR4-4600、レーテンシはCL19-23-23-43、動作電圧は1.5VoltでXMP2.0に対応。 同時にDDR4-4500 CL19-19-19-39 1.45Volt選別モデル「F4-4500C19D-16GTZKKE」も入荷している。

ビュー: 877
公開日: 2017-12-02 new

DDR4-4600到達はCORSAIRに次ぐ2番目、DDR4-4500 Z370対応モデルも同時入荷

image

G.Skillとしては過去最速となるDDR4 4600MHz選別のOCメモリーTridentZシリーズ「F4-4600C19D-16GTZKKC」がアキバのPCパーツショップに入荷、2017年12月2日(土)より発売を開始している。

image

主な特長は、超選別DRAMをX299向けにチューニング、DDR4 4600MHz CL19-23-23-43を電圧1.5Voltでテストしたスーパーオーバークロッカーやマニア向けの8GB2枚組、合計16GBのデュアルチャンネル対応プレミアムメモリーモジュールキット。

image

また、DDR4 4500MHz CL19-19-19-39 1.45Volt選別モデル「F4-4500C19D-16GTZKKE」も同時に入荷しているが、こちらのほうがDDR4-4600モデルよりもレーテンシや電圧が若干低くプレミアが増しているようで価格が高く設定されている。

特筆点としてはDDR4-4500モデルはQVLにZ370マザーボード(ASUS ROG MAXIMUS X APEX)が加えられており、CoffeeLake-S環境のメモリー周りの改善を伺う事が出来る。

それ以外は、基本的に夏に発売されたDDR4-4400モデルと同カラーパターン(両面ブラック)をベースに速度を電圧やレーテンシとトレードオフしつつ引き上げたといった所だ。

また、相変わらずハイクロック最上位モデルは対応マザーや動作環境がかなり限られているので注意してほしい、細かい点は比較表を作成してみたので下記を参考にしてほしい。

型番: F4-4400C19D-16GTZKK F4-4500C19D-16GTZKKE F4-4600C19D-16GTZKKC
メーカー: G.Skill G.Skill G.Skill
シリーズ: TridentZ TridentZ TridentZ
ピン数: 288Pin 288Pin 288Pin
タイプ: DDR4 Unbuffered / non-ECC DDR4 Unbuffered / non-ECC DDR4 Unbuffered / non-ECC
容量: 16GB (8GBx2) 16GB (8GBx2) 16GB (8GBx2)
検査スピード: 4400MHz(XMP2.0) 4500MHz(XMP2.0) 4600MHz(XMP2.0)
検査Latency: CL19-19-19-39(XMP2.0) CL19-19-19-39(XMP2.0) CL19-23-23-43(XMP2.0)
検査Voltage: 1.40v(XMP2.0) 1.45v(XMP2.0) 1.5v(XMP2.0)
SPD情報: 2133MHz CL15-15-15@1.2Volt 2133MHz CL15-15-15@1.2Volt 2133MHz CL15-15-15@1.2Volt
カラー 両面ブラック 両面ブラック 両面ブラック
高さ 44mm 44mm 44mm
QVL ASRock X299 OC Formula(X299) ASRock X299 OC Formula(X299) ASRock X299 OC Formula(X299)
ASUS ROG RAMPAGE VI APEX(X299)
ASUS ROG MAXIMUS X APEX(Z370) ASUS ROG MAXIMUS X APEX(Z370)
販売開始日 2017年8月25日 2017年12月2日 2017年12月2日
F4-4400C19D-16GTZKK
税込価格: 45,970円
詳しく見る
F4-4500C19D-16GTZKKE
税込価格: 61,310円
詳しく見る
F4-4600C19D-16GTZKKC
税込価格: 57,510円
詳しく見る

最速モデルとしてアキバへの登場はCORISARのVengeance LPX「CMK16GX4M2F4600C19」に先を越されてしまったが、ヒートシンクの性能や価格差を踏まえるとG.SKillがお買い得になるかもしれない。(ただしCORSAIRはDDR4-4600でもCL19-19-19)

▼ 参考記事


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)