image

Colorful、大型のハイブリット冷却システム搭載OCチューンGEFORCE GTX 1080 Tiカード「iGame GTX1080Ti Kudan」がアキバに登場

中国の大手パーツメーカー「COLORFUL(カラフル)」から3連ファンを実装する空冷ユニットに水冷を組み合わせたハイブリット冷却システムを採用するスーパーオーバークロック仕様のNVIDIA GEFORCE GTX 1080 Ti GPU搭載グラフィックスカード「iGame GTX1080Ti Kudan」がアキバの一部のお店にごく少量入荷、2017年12月9日(土)より販売を開始した。 世界最速をうたう限定OCモデルで本体重量2.3kgのヘビー級カード、たわみを防止するサポートガイドや水冷用ラジエータも付属。

ビュー: 2684
公開日: 2017-12-09

空冷+水冷ハイブリットの限定モデルが日本市場にも登場

image

Colorful(カラフル)からNvidia GeForce GTX1080 Ti GPUを搭載するデスクトップPC用グラフィックスカード「iGame GTX1080Ti Kudan」がアキバの一部のショップにごく少量のみ入荷、2017年12月9日(土)より販売を開始している。

image

Colorful iGame GTX1080Ti Kudanは独特な冷却システムが特徴的で、具体的には92mmファンを3基搭載した空冷ユニットをベースに独自の水冷ユニットを実装したハイブリッド冷却を採用。

ベースが空冷なので水冷のみの稼働は出来ないが、空冷のみ、もしくは空水+冷水のパターンで動作が可能。

image
image
image

また、実性能面では、低インピーダンスと発熱を抑える「S.P.T」や、高品質電源回路「I.P.P」などを搭載、選別されたGEFDORCE GTX 1080 Ti GPUを独自のオーバークロック機能「ONE-KEY OC」により、ベースクロック1,657Mhz、ブーストクロック1,784Mhzまで引き上げ、販売製品としては世界最速レベルの動作クロックを実現しており、現時点では同社の最上位のグラフィックスカードとなる。

LEDライティング機能もバックプレートのロゴ部分に実装されている。

image
image
image

強力な冷却能力と限界まで引き上げたオーバークロックチューンのしわ寄せとして本体重量が2.3Kgと一般的なカードよりもかなり重くなっている点や、付属のラジエータが120mmファンx1にもかかわらず、224(L)mm x128(W)mm x70(H)mmと大きく240mmクラスの設置面積が必要となる事など留意点も多い。

ただし本体の重みの問題についてはたわみ防止用のサポートガイド「Enhance kit」が付属しており一応の対策は取られている。

image

その他の仕様は、出力インターフェースはDisplayPort 1.4 x2、HDMI 2.0b x2、DualLink-DVI-D x1。 補助電源コネクタは8Pin x2、サイズは本体が313(L)mm x185(W)mm x60(H)mmの3SLOT占有タイプ、 ラジエータが224(L)mm x128(W)mm x70(H)mm (ホース長 : 340mm)、パッケージ(アタッシュケース)は577(W)mm140(D)mm×360(H)mm。 重量は本体が2.3Kg、ラジエータが1.3Kg、パッケージで6.8Kgとかなり重い。

保証期間は代理店保証1年としている。

Colorful iGame GTX1080Ti Kudanは、120mmラジエータを備えた独自の水冷ユニット、92mmの3連空冷ファンによるハイブリッド冷却を採用、低インピーダンスと発熱を抑える「S.P.T」、高品質電源回路「I.P.P」を搭載、選別されたGPUと妥協のない基板設計は、独自のオーバークロック機能「ONE-KEY OC」により、ベースクロック1,657Mhz、ブーストクロック1,784Mhzまで引き上げ、世界最速の動作クロックを実現します。
取扱終了
詳しく見る

世界最速レベルの製品をテクノロジーというよりは力業で実現した製品、重量だけでなく本体の長さやヒートシンクもかなりのヘビー級だがその分冷却能力が高い事もありよく言えばあらゆる意味でパワフルだ。 目標動作スペックが高すぎた事もあるのか、かなり品物は少なく、レアなカードになりそうだ。


image
image

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。