image

ケーブルとBluetoothオーディオを同時に利用できるヘッドセット「SteelSeries Arctis 3 Bluetooth」が発売

SteelSeriesの人気ヘッドセット「Arctis」シリーズに、Bluetooth接続対応モデルが新たに加わる。PCや、コンシューマー機器、VR、モバイル機器など、あらゆるゲーミングプラットフォームに対応したヘッドセットとなっている。

ビュー: 1275
公開日: 2018-02-08 new
image

SteelSeries Arctis 3 Bluetoothは、その名のとおり、Arctis シリーズのエントリーモデル「Arctis 3」にBluetooth接続の機能を持たせて製品だ。

image
image
image

Bluetooth接続に加え、アナログ接続も可能となっており、アナログ接続とBluetooth 接続を同時に使用することが出来るのが大きな特徴だ。

「ゲーム機に有線で接続し、Bluetooth 接続でスマートフォンのボイスチャットアプリで通話をする」という使い方ができ、両方の音源からのオーディオがヘッドセットでミキシングされるとのことだ。

image
image

PCはもちろんのこと、PS4、Xbox、Nintendo SwitchやVR、モバイルなどマルチプラットフォームでの使用が可能で、特にメーカーでは”Nintendo Switchに最適”と謳っている。

Switchタブレットではアナログ接続でゲームのオーディオを受け、Bluetooth接続でモバイルデバイスのNintendo Switchチャットアプリに接続。ゲームとチャットのオーディオは自動的にヘッドセットでミキシングされる、という使い方が可能のようだ。

image
image
image

Bluetooth接続に対応した以外、本体スペックは従来モデルと同仕様となっている。

Arctis 3の主な特徴は下記のとおり。

  • 40mm S1 オーディオドライバー搭載
  • SteelSeries独自の双指向性ノイズキャンセリングマイク「ClearCast」採用
  • イヤークッションに「エアウィーヴ」を採用
  • 特製スキーゴーグル用サスペンションヘッドバンド
  • SteelSeries 7.1サラウンド

Arctis 3を含めた、Arctisシリーズの詳細は、以前掲載した紹介記事を参照いただければと思う。

image

Bluetooth接続が可能になったことにより、販売価格がエントリーモデルではなくなってしまったのだが、日頃からマルチプラットフォームでゲームをプレイをしているユーザーや、ゲームとチャットは機材を別けたい、というユーザーにはもってこいのモデルとなっている。

製品仕様

製品名 SteelSeries Arctis 3 Bluetooth
メーカー SteelSeries
型番 61485
発売日 2018年2月8日
ヘッドホン部
サラウンドサウンド 7.1ch SteelSeries バーチャルサラウンド
ヘッドホン構造 密閉型
ドライバーユニット ダイナミック
ドライバーユニットサイズ 40mm ネオディミウムドライバー
感度 98dB
周波数特性 20Hz-22000Hz
インピーダンス 32Ω
コントローラー 音量コントロール:オンイヤーカップ
マイク部
マイク集音特性 双指向性
マイク感度 -48dB
マイク周波数特性 100Hz-10000Hz
ノイズキャンセリング機能
マイクコントローラー ミュートトグル:オンイヤーカップ
接続I/F 3.5mm(4極)プラグ/3.5mmオーディオプラグ,3.5mmマイクプラグ/Bluetooth
Bluetoothバージョン 4.1
Bluetooth プロファイル A2DP、HFP、HSP
操作距離 10m
バッテリー寿命 アクティブリスニング時間28時間
ケーブル長 1.2m、3m
ソフトウェア SteelSeries Engine 3
対応機種 PC、コンソール、VR、モバイル
パッケージ内容 製品情報ガイド(ダウンロード)、メインケーブル、デュアル3.5mm延長ケーブル、3.5mmの4極プラグ
ArctisシリーズのBluetooth搭載モデル。Bluetooth接続とアナログ接続の同時再生が可能。
61485
9% OFF
税込価格: 17,982円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連記事

ライター

STAFF H

PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)