image

ちょっと光る、それでもシックにまとめたIntel Z370チップセット搭載Mini-ITXマザーボード「C7Z370-CG-IW」がSUPERMICROから発売

SUPERMICROのブランド「SuperO」のコアゲーミングシリーズからintel Z370チップセットを搭載したゲーマー向けコンパクトMini-ITXマザーボード「C7Z370-CG-IW」が登場。 SUPERMICROでは恐らく初の発光機能を実装した、ゲーミングモデル。

ビュー: 3475
公開日: 2018-03-24 (更新 2018-04-02)

サーバーグレードコンポーネントを使用したシンプルなゲーミングマザーボード

image

SUPERMICROから「C7Z370-CG-IW」が登場、2018年3月24日(土)より販売を開始している。

image

「C7Z370-CG-IW」はマザーボードは過酷な環境下でも24時間365日動作する様に設計された同社SuperOブランドのゲーマー向けシリーズ「CORE GAMINGS」に位置する安定性に重きを置いた第8世代インテル Core プロセッサーをサポートするIntel Z370チップセット搭載のマザーボード。

価格は高めだが、サーバー系で培った技術をゲーマー向けマザーボードにフィードバックしたコンパクトなMini-ITXフォームファクタに収めている。

また、「光らない」がある意味売りだった同シリーズとしては恐らく初の発光機能(RGB対応)を背面ではあるが搭載してしまっている点もポイント。

image

主な仕様としてフォームファクタはMini-ITX (170 × 170 mm)、CPUソケットはLGA1151(CoffeeLake-S、インテル第8世代COREプロセッサー対応)、チップセットはZ370、メモリは288pin DDR4-2133/2400/2666+ DIMM x2(最大32GBまで増設可能)。 拡張スロットはPCIe 3.0×16 スロット x1。 ストレージはSATA x6、PCIe Gen3 x4(32Gb/s)接続対応M.2 x2。

image

ネットワークは有線Intel I219-V GIGABIT LANと無線Wi-Fi IEEE 802.11a/b/g/n/ac+Bluetooth 4.2 (Realtek)、オーディオはRealtek ALC1220 8CH HD、グラフィックス出力端子はHDMI 2.0 x1とDisplayPort 1.2 x1を利用してCPU内蔵グラフィックス利用時最大2画面出力に対応、その他、USB3.2 Gen2、USB3.0、USB2.0などを搭載している

SUPERMICROのゲーミングブランド「SuperO」のゲーミングマザーボード! 第8世代インテルプロセッサー対応のintel Z370チップセット搭載Mini-ITXサイズ! カスタマイズ可能なLEDライティング機能や、32Gb/sの転送速度に対応するPCIe 3.0×4接続のM.2スロットを2スロット、USB3.1 Type-C、intel GIGABIT LAN、Realtek製802.11ac対応 WiFi等を搭載しています。
取扱終了
詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。