image

AntecのLEDで温度を知らせるCPU簡易水冷クーラーMercuryにバージョンアップモデル

3つのカラーで温度を知らせるリアクティブLED発光機能を搭載したCPU簡易水冷クーラーAntec ALL IN ONE LIQUID COOLER Mercuryシリーズにバージョンアップモデル「Mercury v2」が登場、2018年3月24日(土)より販売を開始している。 現時点で販売を確認したのは240mmタイプ「Mercury 240 v2」のみでバックプレート設計の変更や、塗布済みのサーマルグリス、スリーブ加工を施したチューブの採用などより導入し易く改善されている。

ビュー: 2863
公開日: 2018-03-25 (更新 2018-03-31)

改良された発光通知型オールインワンCPU水冷クーラー「Mercury v2」

image

AntecのオールインワンCPU水冷クーラー「Mercury」シリーズの一部モデルに新バージョン「Mercury V2」が登場、2018年3月24日(土)より販売を開始している。

入荷を確認したのは240mmタイプの「Mercury 240 v2」のみで、その他モデルも入荷次第順次販売を開始する予定。

[追記 2018-3-31]120mmと360mmモデルも販売を開始。

image

Mercuryシリーズは3つのカラーで温度を知らせるリアクティブLED発光機能を銅製冷却ブロック上に搭載している点が特徴的なオールインワンCPUクーラー。

具体的には、リアクティブLEDは35度以下でブルー、36度~40度でグリーン、41度以上でレッドに光るが、単純にイルミネーションとして使うよう設定する事も可能。

image

そして今回登場した新バージョン「v2」の変更点は、バックプレート設計の変更、サーマルグリスが付属から塗布済みへ変更、スリーブ加工を施したチューブの採用、の3点でそれ以外の仕様は前バージョンと同じ。

対応ソケットはINTEL LGA 2011/1366/1156/1155/1151/1150/775、AMD Socket AM4/ AM3+/ AM3/ AM2+/ AM2/ FM2など、AMD Ryzen(Socket AM4)やインテル定番ソケットには一通り対応している。

Mercury120 v2
税込価格: 8,580円
詳しく見る
Mercury240 v2
税込価格: 10,800円
詳しく見る
Mercury360 v2
税込価格: 14,180円
詳しく見る

一言で済ませればマイナーチェンジモデルで小改良に留めているだけだが、これからMercury 240を購入する場合よほど価格差がなければv2を選択して間違いなさそうだ。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)