image

AINEXのSATA&NVMeデュアルM.2 PCIe拡張カードがマイナーチェンジ

AINEXからM.2ストレージ取り付け箇所にヒートレーンを実装しPCIeタイプとSATA接続のM.2 SSDを各1基搭載可能な拡張カード「AIF-06A」が2018年6月7日(木)より販売を開始。 AINEX AIF-06の後継モデルで電源・アクセスLEDの追加や熱伝導パッドが標準で付属するようになった。

ビュー: 590
公開日: 2018-06-09 new

LEDが追加搭載されたAINEXのSATA&PCIe NVMeコンボM.2 SSD拡張カード

image

AINEXからPCIeとSATA、接続方式が異なるM.2 SSDをそれぞれ1台づつーン上に搭載できるPCIe変換カード「AIF-06A」が登場、2018年6月7日(木)より販売を開始している。

AIF-06Aは昨年1月に登場したAIF-06の後継モデルで主な違いは

  • 熱伝導パッドが標準で付属するようになった。
  • 電源/アクセスLEDを新たに搭載した。

の2点でそれ以外は同仕様のマイナーチェンジモデルだ。

image

主な仕様としては、Bキー(SATA3.0)とMキー(PCI-Express NVMe)それぞれの接続タイプに対応する2230/2242/2260/2280サイズのM.2 SSDを各1基、合計で2基をが搭載可能でPCI Express 3.0 X4サイズ以上のスロットに接続して使用する。

ただしPCIe SSDは、ボード上に実装されたPCI Express X4スロット経由でそのまま動作可能だが、SATA SSDは基板上に実装されたSATAコネクターとマザーボードを別途SATAケーブルで接続する必要があるので留意しておきたい。

対応OSはWindows 10/8.1以降。 フルハイト用ブラケット、ロープロファイル用ブラケット、ブラケット固定用ネジ×2、M.2カード/スペーサーナット固定用ネジ×4、M.2カード固定用スペーサーナット×2、PCI Expressカード本体、熱伝導パッド (0.75mm)×2、熱伝導パッド (1.75mm)×2、取扱説明書などが付属する。

SATAとPCI Express接続のM.2 SSDスロットを各1基搭載したPCI Expressカード
AIF-06A
税込価格: 2,138円

新発売

詳しく見る

各社から似たような製品が発売されているがAINEXは比較的価格が安価なのがポイント。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)