image

SteelSeriesからオリジナルスイッチを搭載したテンキーレスキーボード「Apex M750 TKL」が発売

SteelSeriesより、メカニカルゲーミングキーボードの最上位モデル「APEX M750」のテンキーレスバージョン「Apex M750 TKL」が発売された。耐久性に優れたeスポーツキーボードだ。

ビュー: 4834
公開日: 2018-06-15

最小限で最大限の効果

image

SteelSeries Apex M750 TKLは、独自のキースイッチを採用した英語配列のテンキーレスゲーミングキーボードだ。

image
image
image
image

SteelSeries独自のQX2メカニカルRGBスイッチ(以下:QX2スイッチ)は、Gateronと共同で開発されたメカニカルスイッチで、銅製のクリック板、透明ケーシング、ソフトなプラスチックステムにより輝度の高いイルミネーションと滑らかな動作を実現している。

端的に言ってしまえば、Cherry MX RGB Red互換スイッチで、キーストローク4mm、アクチュエーションポイント2mm、押下圧45cNとキースイッチのスペックもCherry MX RGB Redと同様となっており、SteelSeries側でもQX2スイッチはリニアタイプのスイッチとしている。

image
image

フレームはSeriesシリーズ5000アルミニウムを特別採用し耐久性の高さをアピール。アルミ製フレームの表面はマッド加工が施されているがLEDイルミネーション映えは良さそうだ。

image
image
image

LEDイルミネーションはPrismSyncに対応し、SteelSeries Prism対応デバイス間での同期が可能。

また、Discord Chatの通知や、GameSenseを通じてゲーム内通知を照明効果で表示することや、アニメーションGIFをImageSyncで変換できるようにもなっている。

image

eスポーツに照準を合わせたテンキーレスデザインと謳っているとおりシンプル&コンパクトで実戦向きの製品と言えよう。

只、英語配列モデルのみなのと、キースイッチが1種類しかないのが残念なところ。最近のSteelSeries製キーボードの傾向だとキースイッチ選択は望み薄だが日本語配列版は是非販売していただきたいところだ。

製品仕様

ateronと共同で開発されたSteelSeries QX2メカニカルスイッチを搭載した英語配列テンキーレスキーボード
64720
税込価格: 16,740円

送料無料

詳しく見る

関連記事