image

アークのラーメン王子によるアキバ界隈、不定期ラーメンレポート「中華そば 龍の眼」編

アークのラーメン王子によるアキバとその周辺のラーメン屋さんの食べ歩き日記、オススメラーメンの感想をバイヤー暦12年の経験を活かして?チラ裏レベルの文章力で書き殴るノークレームノーリターン系コンテンツ、「中華そば 龍の眼」編

ビュー: 1424
公開日: 2018-06-26
関連タグ:

「中華そば 龍の眼」で豚葱そばを食す。

毎度お馴染みアークのラーメン王子です。あれ?昨日記事が上がっていたのにまた?と思っている方もいるかと思いますが本日秋葉原に新しいラーメン屋「中華そば 龍の眼」がオープンしたので早速行って参りましたよ~。ここは何とあの有名なミシュランガイド東京2018で星一を貰った創作麺工房 鳴龍がプロデュースしたお店との事もあり、朝から長蛇の列が出来ておりました。列にビビった王子はちょっと経ってから行ってみましたがまだ20人ほどは並んでおりましたね。 場所ですが以前に「ローストビーフ油そば ビースト」の跡地になりまして蔵前橋通りを末広町交差点から御茶ノ水方面に進み、昌平橋通りを左に曲がったすぐのところになります。

image

オープン初日ですので定番の如く華が飾られておりますね。

image

チャーシューと角煮が悪魔的に旨いと情報が上がっておりましたのでここは”チャーシューそば”で決まり!と思っていたところ、すでにどちらも完売との事でガックリ・・・・早めに並んでいればこんな事には・・・。豚葱そばに入れるチャーシューは残ってるとの事でしたので”豚葱そば”にしてみました。

image

この素材のこだわりを見たってください。香ばしく焼き上げた広東式チャーシューとか絶対うまいでしょ!?しかし食えない・・・ぐぬ

image

こちらが葱と細切れのチャーシューをピリ辛のタレで和えたモノを乗せた”豚葱そば”になりま~す。結構ボリューミーな見た目になります。

image

スープは鶏ガラをベースに魚介の旨みを詰め込んだ醤油となっており、まろやかですっきりした飲みやすいスープとなっております。刻み葱との相性も良く流石と言った出来栄え。

image

麺は自家製で平打ちの中細ストレート麺。食べやすく喉越しも良く非常に良いですねぇ。

image

細切れのチャーシューも味わい深く美味しかったのですが、やはり人気のチャーシューそばが食べられなかったのが非常に悔やまれますねぇ。まぁ近いんでまたすぐ来ようと思います。

image

ちなみに昼の部はライスが無料で付くそうなので頂いちゃいました。

image

なかなかのスープの出来栄えに気づいたら完杯しちゃってました。ごちそうさまでした。

image

総評:流石、鳴龍プロデュースと言った完成度。軒並みラーメンブロガーが集まり長蛇の列が出来るのも頷ける。チャーシュー、角煮が食べれなかったのが悔やまれるがまた行けば良し。

ラーメン王子オリジナルチェックシート

店名 中華そば 龍の眼
住所 〒101-0021 東京都千代田区外神田3-6-5 外神田永谷タウンプラザ1F
営業時間 11:00~15:00 / 18:00~21:00
定休日 月曜日
アークから徒歩 3分
オススメラーメン チャーシュー or 角煮そば
お会計方法 帰る際にお会計
お水は? カウンターに給水ポットあり。
お箸は? リサイクル箸
ティッシュは? カウンターに紙ナプキン常備
テーブル席は? 全席カウンター
ラーメン王子来店日 2018年6月26日(火)

関連記事

ライター

ラーメン王子

ラーメンをこよなく愛するArkの店員。主に秋葉原のラーメン食べ歩き記事を担当している。