image

ロジクール製ゲーミングマウス「G502」がパワーアップ! 「G502 HERO」が発売

Logicool Gの多ボタンマウス「G502」シリーズの最新モデル「Logicool G502 HERO Gaming Mouse」が発売。最新センサーを搭載し更に進化した注目のマウスとなっている。

ビュー: 2802
公開日: 2018-10-18
関連タグ:

“ヒーロー”として生まれ変わった多ボタンマウス

image

Logicool G502 HERO Gaming Mouseは(以下:G502 HERO)、2016年に発売されたLogicool G502 RGB Tunable Gaming Mouse(以下:G502 RGB)の後継機となり、センサーがHERO 16 Kセンサーに変更されているのが特徴だ。

image
image
image
image

一番の目玉はやはり独自のHERO 16Kセンサーが搭載されたことだが、解像度の設定範囲が100~16000dpiと、G502 RGBの200~12000dpiより広くなった。最大トラッキング速度(400IPS)と、最大加速度(40G)は変わっていない。

32ビットARMマイクロプロセッサ、オンボードメモリの搭載なども変わっていないが、保存できるプロファイル数が最大3個から最大5個へと増えている。

形状に大きな変更点は無く、プログラマブル11ボタン、モード切替が可能なチルト付きスクロールホイール、ウエイト&バランス調整機能(3.6g×5)、LIGHTSYNCカスタマイズ可能なRGBイルミネーションなどの機能は引き継がれており、G502 RGBから移行した場合でも使い勝手が大きく変わるということは無いかと思われる。

詳細はわからないのだが、メインボタンの耐久性強化が図られており、メインボタン寿命がG502 RGBでは2,000万回クリックとなっていたが、G502 HEROでは5,000万回クリックと2.5倍も強化され”ロジクールGシリーズで最高レベルの耐久性”としている。

image
image

初代G502が発売されてからかれこら4年以上の年月が経ち、その間も細かなバージョンアップが繰り返されてきた訳だが、今回もセンサー変更とメインボタン強化と肝となる部分に絞った変更に留まっている。

マウスとしては大型の部類になり、重量変更ができるものの錘無しでも121gと重めなので人を選ぶところはあるが、(初期設定の煩わしさはあるが)多ボタンマウスの快適さは代え難いものがあり、特にG502 HEROは重量だけではなくバランスの調整も可能な貴重な存在なので、少々高いが気になる方は思い切って試してみるのもアリかと思われる。

製品仕様

重さとバランスをチューニング可能な光学式ゲーミングマウス「G502 RGB」のニューバージョン。センサーが第2世代HEROに変更。
G502RGBh
7% OFF
税込価格: 11,130円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連記事

PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)