image

Crucial初のNVMe、3D QLC NAND採用PCIe接続M.2 SSD「P1 SSD」シリーズ登場

Crucialから同ブランド初のNVMeタイプのM.2 2280 SSD「Crucial P1 SSDシリーズ」が登場、2018年10月27日(土)より販売を開始している。 容量500GBの「CT500P1SSD8JP」と、容量1TBの「CT1000P1SSD8JP」の2モデルでMicron社製3D QLC NANDとSM2263コントローラを組合わせシーケンシャルリード最大2000MB/sec、ライト1700MB/secを低価格で実現した高コストパフォーマンスモデル。

ビュー: 971
公開日: 2018-10-28 (更新 2018-10-30) new
関連タグ:

3D QLC NAND採用、CrucialのNVMe M.2 SSD「P1 SSD」シリーズ

image

Crucialから同ブランド初となるNVMeタイプのM.2 2280 SSD「Crucial P1 SSDシリーズ」が登場、2018年10月27日(土)より販売を開始している。

P1シリーズはMicron社のメモリダイを積層した QLC 3D NANDSM2263コントローラーを組み合わせたNVMe転送、フォームファクタM.2 2280タイプのPCIeX4接続対応SSD

ラインアップは容量500GBの「CT500P1SSD8JP」と、容量1TBの「CT1000P1SSD8JP」の2モデルの販売を確認しているが、これ以外に2TBモデル「CT2000P1SSD8」も近日中に発売される予定がある。

主な仕様としては、SLCキャッシュ技術「Hybrid Dynamic Write Acceleration」の採用によりMTBFは150万時間、TBWは500GBモデルで100TB、1TBモデルで200TBとしながらも限定5年保証としておりQLC方式でも十分な信頼性があるという事をアピールポイントとしている。

 
シリーズP1P1
メーカーCrucialCrucial
フォームファクタM.2 type2280(22×80) PCIeM.2 type2280(22×80) PCIe
インターフェイスPCI-Express (3.0) X4 NVMe (NVM Express)PCI-Express (3.0) X4 NVMe (NVM Express)
ストレージタイプSSDSSD
内蔵 / 外付け内蔵タイプ内蔵タイプ
容量500GB1TB
コントローラーSilicon Motion SM2263Silicon Motion SM2263
フラッシュメーカーMicronMicron
フラッシュタイプ3D QLC3D QLC
読込み速度シーケンシャルリード:最大 1900MB/sec
ランダムリード:最大 90000IOPS
シーケンシャルリード:最大 2000MB/sec
ランダムリード:最大 170000IOPS
書込み速度シーケンシャルライト:最大 950MB/sec
ランダムライト:最大 220000IOPS
シーケンシャルライト:最大 1700MB/sec
ランダムライト:最大 240000IOPS
総書込みバイト量(Total Byte Written)100TBW200TBW
MTBF(MTTF)150万時間150万時間
発売日2018-10-27
2018-10-27
アーク参考価格読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細

限りなく先に発売されたintel SSD 660pに近い製品だが公称リード、ライト速度がCrucial P1シリーズの方が若干速く、価格はintel 660pの方が若干安い(2018年10月28日現在)、ゲームやクリエイティブなどより活発なPCワークバランスを求める場合、価格差を気にせずSATA接続よりもNVMeタイプを選択できるレベルまで到達しつつあるのではないだろうか。

▼関連記事


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)