image

7万円台のCoffeeLake Refresh対応Z390搭載ウルトラハイエンドマザーボード『GIGABYTE Z390 AORUS XTREME』が爆誕

派手やかな「RGB LEDイルミネーション」に「intel Thunderbolt 3」、そして「Aquantia 10Gigabit LAN」と様々な機能を搭載。「GIGABYTE AORUS」ブランドの第9、第8世代インテルプロセッサー対応 intel Z390チップセット マザーボード『GIGABYTE Z390 AORUS XTREME』が2018年12月7日(金)より「パソコンショップ アーク」もで販売を開始している。

ビュー: 904
公開日: 2018-12-08

「GIGABYTE AORUS」シリーズのZ390チップセット搭載LGA1151マザーボード『Z390 AORUS XTREME』

image

コードネーム「intel Coffee Lake」プロセッサー(LGA1151)に対応したE-ATXサイズのハイエンドマザーボード。 「第9世代 intel Coreプロセッサー」にも安定した電源供給を行える為に8+8ピン補助電源構成で16+2 電源フェーズ設計。 大型ヒートパイプ、高性能熱伝導パッド、放熱用バックプレートなどで放熱性を強化した「Fins-Array ヒートシンク」を搭載しており冷却性も死角はない。 そしてハイエンドグラフィックスカード等の重量がある拡張カードを搭載しても安心な「Ultra Durable™ PCIe Armor」を採用。

3スロットも搭載しているM.2ポート

image

高速NVMe SSD対応のPCIe接続 M.2スロットが3スロット儲けられており、冷却用の「M.2 Thermal Guard」も常備されている。 ただ、1部SATAポートやPCIe x4スロットと帯域共有があるので注意が必要だ。

Hi-Fi Audio System

image

「Realtek ALC1220-VB」を搭載しており、サラウンド・オーディオおよび DSD 音楽再生が可能。そして32bit/384kHzに対応した「ESS DAC(ES9018K2M)」、スタジオクラスを謳う「WIMAコンデンサ」等々、ゲームプレイからオーディオ鑑賞に十分貢献してくれる。

充実したインターフェース

image

「intel Gigabit LAN」の他、最大10GbEのネットワーク接続に対応した「AQUANTIA AQC107」も搭載。一般的な1GbEネットワークに比べて転送速度が速く、メディアセンターやワークステーション向けに設計されている。 そして40Gb/s転送帯域によるデータ、映像信号のデータ転送が可能な「ThunderBolt 3」、次世代ワイヤレスソリューション「Intel 802.11ac Wave2 CNVi WIFI」等も搭載している。

GIGABYTEゲーミングブランド「AORUS」のゲーミングマザー! 第9/8世代インテルプロセッサー対応のintel Z390チップセット搭載E-ATXサイズマザー! RGB LEDイルミネーション機能、intel Thunderbolt 3、Aquantia 10Gigabit LAN、PCIe接続対応M.2スロットを3スロット、intel GIGABIT LAN、intel製802.11ac対応 Wave2 WiFi等を搭載しています。
Z390 AORUS XTREME
税込価格: 71,800円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連記事

PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)