image

DIY水冷専用のLED実装アクリルパーツ採用RTX2080Ti搭載カード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 Ti ArcticStorm」

ZOTACからLED搭載のオリジナル設計アクリルパーツと薄型ウォーターブロックを実装したDIY水冷システムに対応するオーバークロック仕様のGEFORCE RTX 2080 Ti搭載グラフィックスカード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 Ti ArcticStorm(型番:ZT-T20810K-30P)」が登場。

ビュー: 1638
公開日: 2019-03-31

DIY水冷向けGEFORCE RTX 2080 Ti GPU搭載カード

ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 Ti ArcticStorm(型番:ZT-T20810K-30P)は0.3mmマイクロチャンネル設計の水冷ヘッドとLED搭載アクリルカバーと大型アルミヒートシンクを組み合わせたDIY水冷システム専用のGEFORCE RTX 2080 Ti GPU搭載デスクトップPC向けウルトラハイエンドグラフィックスカード。

image

「ZT-T20810K-30P」はG1/4スレッドのフィッティングや10mm径チューブが上部または水平にマウント可能な汎用性の高いフィッティングを採用、RGB LEDをアクリルでカバーしたオリジナルの水冷専用冷却ユニットに実装したビジュアル要素の高い製品。

image

パフォーマンス部分では、GPUベースクロックは1350MHz、GPUブーストクロックは1575MHzとオーバークロックされている、メモリーはGDDR6 11GB搭載。スピードは1750MHz。

image

画像出力はDisplayPort 1.4 x3、HDMI 2.0b x1、USB Type-C (VirtualLink対応) x1ポート構成、ボードサイズは295(L)mm x158(W)mm x30(H)mmの2SLOT占有タイプ、補助電源コネクタは8ピンx2仕様で6pin×2→8pin電源変換ケーブル x2、G1/4フィッティング x2が付属、保証期間は代理店1年としている。

NVIDIA GeForce RTX 2080 Tiを搭載。RGB LEDライティング機能を搭載するオリジナル設計のウォーターブロックを備え、DIY水冷システムに対応したグラフィックボード
取扱終了
詳しく見る

この製品単体にはファンを搭載していないが、使用にはカード本体とは別に水冷ポンプ、リザーバー、ラジエーター等の水冷パーツが必要となるので実質的にファンレス稼働とは成り得ない事には留意しておきたい。


ZOTAC

ZOTAC(ゾタック)について

ZOTAC社はPC Partner(ピーシーパートナー)のグループ会社の一つです。PC Partnerはマザーボード、グラフィックボード、フラッシュメモリーなど、様々なPCパーツやデジタル機器を生産。コストパフォーマンスモデルからハイエンドモデルに至るまで、OEM/ODM先の要望に対応できる技術力と品質を有し、膨大な生産量を誇る巨大企業です。 さらに、2006年からはNVIDIAの「AICパートナー」(AIC:Add In Cards)となり、「ZOTAC」で製品を展開しています。ローンチパートナーのトップ3の1社として、NVIDIAと緊密な協力体制を築いており、グラフィックボードをはじめ、Mini-PCやベアボーンを積極的に展開しています。

>> ZOTAC International商品一覧

>> メーカー公式

>> ZOTAC、デュアルファン搭載で長さ210mmの省スペースRTX 2060無印GPU搭載グラフィックカードが登場

>> ZOTACからカード長210mmの省スペース向け「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 SUPER MINI」が登場

>> ZotacのAMPシリーズにRTX2060SUPER / RTX2080SUPER搭載グラフィックスカード4モデルが追加ラインアップ

>> ロープロファイルなGEFORCE GTX 1650 GPU搭載カード「ZT-T16500H-10L」

>> ZOTAC製トリプルファン搭載RTX 2080 Tiを買ってVERTAGEAR ゲーミングチェアを当てよう!アスク、抽選で5名に当たるキャンペーンを実施

>> DIY水冷専用のLED実装アクリルパーツ採用RTX2080Ti搭載カード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2080 Ti ArcticStorm」

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。