image

CFDからPCI-Express Gen4x4を採用したNVMe M.2 SSD 「PG3VNF」シリーズ

CFDのゲーミングブランドCFD GamingよりPhison製ハイエンドコントローラPS5016-E16とBiCS4 東芝製NANDを組み合わせ連続リード最大5000MB/sを実現するPCI Express 4.0(Gen4)x4接続対応のハイスペックM.2 NVMe SSD「PG3VNF」シリーズ2モデルが登場、2019年7月5日(金)より販売を開始している。 1TBモデル「CSSD-M2B2TPG3VNF」、2TBモデル「CSSD-M2B02TPG2VN」の2モデルが販売開始、500GBモデルは8月中を予定。

ビュー: 2263
公開日: 2019-07-07 new
関連タグ:

CFDのゲーミングブランドからPCIe 4.0(Gen4)x4接続対応のハイスペックM.2 NVMe SSD「PG3VNF」登場

image

CFDが2019/06/27に発表した、PS5016-E16とBiCS4 東芝製NANDを組み合わせ連続リード最大5000MB/s、ライト最大4400MB/sを実現するPCI-Express Gen4x4接続対応のハイスペックM.2 NVMe SSD「PG3VNF」シリーズの一部容量バリエーションモデルがアキバのPCパーツショップに入荷、2019年7月5日(金)より販売を開始している。

image

「PG3VNF」シリーズのバリエーションは容量500GBの「CSSD-M2B5GPG3VNF」、1TBモデル「CSSD-M2B1TPG3VNF」、2TBモデル「CSSD-M2B2TPG3VNF」だが、今回入荷を確認できたのは1TB、2TBの2モデルのみで、500GBモデルは8月の市場投入を予定しているとの事。

image

「PG3VNF」シリーズ最大の特徴は、次世代テクノロジー「PCI Express 4.0(Gen4)」をサポートし対応する構成と組み合わせX4にて動作させる事で連続リード最大5,000MB/s 、連続ライト最大4,400MB/s(2TB、1TBモデルのみ)と、現在主流のPCI-Express Gen3.x経由X4接続シングル動作構成では帯域の限界で出せなかった速度域に達している点。

主な共通仕様としてフォームファクターはM.2 2280、インターフェース はPCIe Gen.4 x4 (NVMe 1.3)、動作温度 0-70度(-40~85度)、高湿度テスト 1500G、耐衝撃 80cm、フリーフォール (各6面テスト)落下試験≥20N(1分間固定/5回)、Bending(曲げ)試験 1000回など、保証期間は5年間としている。

 
シリーズPG3VNFPG3VNF
メーカーCFDCFD
フォームファクタM.2 type2280(22×80) PCIeM.2 type2280(22×80) PCIe
インターフェイスPCI-Express (4.0) X4 NVMe (NVM Express) NVMe 1.3PCI-Express (4.0) X4 NVMe (NVM Express) NVMe 1.3
ストレージタイプSSDSSD
内蔵 / 外付け内蔵タイプ内蔵タイプ
容量1TB2TB
キャッシュDDR4 1GBDDR4 2GB
コントローラーPhison PS5016-E16Phison PS5016-E16
フラッシュメーカー東芝東芝
フラッシュタイプ3D TLC NAND BiCS4 96層 28nm3D TLC NAND BiCS4 96層 28nm
読込み速度シーケンシャルリード:最大 5000MB/sec
ランダムリード:最大 600000IOPS
シーケンシャルリード:最大 5000MB/sec
ランダムリード:最大 600000IOPS
書込み速度シーケンシャルライト:最大 4400MB/sec
ランダムライト:最大 500000IOPS
シーケンシャルライト:最大 4400MB/sec
ランダムライト:最大 500000IOPS
総書込みバイト量(Total Byte Written)1800TBW3600TBW
発売日2019-07-05
2019-07-05
アーク参考価格読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細

関連記事