image

AMD X570では初のMicroATX、第3世代Ryzen対応マザーボード「ASRock X570M Pro4」

ASRockのProシリーズよりAMD X570チップセット搭載タイプのAMD 第3世代RYZENプロセッサー対応MicroATXマザーボード「X570M Pro4」が登場、2019年7月20日(土)より販売を開始している。 X570チップセット搭載マザーボードとしては初のMicroATXフォームファクタ採用モデル、同時にATXフォームファクタの「X570 Pro4」も登場。

ビュー: 2883
公開日: 2019-07-21

ASRockの第3世代Ryzen対応X570チップセット搭載MicroATXマザーボード

image

ASRockの「Proシリーズ」からAMD X570チップセット搭載第3世代RYZENシリーズプロセッサー対応の「MicroATX」マザーボード「X570M Pro4」が登場、2019年7月20日(土)より販売を開始している。

image

主な特長は、10電源フェーズ設計、XXL アルミニウム合金製ヒートシンク、プレミアム 50A パワーチョーク、ブラック PCB、高密度ガラス繊維 PCB、2オンス銅箔層PCBなどを採用する他、15μゴールドコンタクトを採用するDIMMスロットとVGA PCIeスロット(PCIE1)、intel GbE、M.2ヒートシンクを1スロット分のみ備えており、いわゆるASRockの基本的な強化系を実装したエントリー、スタンダードよりワンランク上のモデルとしている。

また、別売りのRGB LEDテープを接続すれば「POLYCHROME SYNC」経由でライティングエフェクトをカスタマイズ可能、さらにThunderbolt3アドインカード接続用コネクタを搭載しており、別売りのASRock Thunderbolt AIC Cardを搭載することでThunderbolt3にも対応可能としている。

image

主な仕様としては、CPUソケットはAM4、メモリーは288Pinデスクトップ向けのDDR4-4200+(OC、第3世代RYZEN仕様時)対応DIMM x4スロットを実装し最大で128GBまで搭載可能。 ストレージはSATA3.0(6Gbps)x8ポート、SATA/PCIe Gen4/Gen3X4接続対応のM.2ソケット x2(内1スロットはヒートシンク付)、PCI-Express4.0(X16)x1スロット、PCIe 4.0X4 x1スロット(X16スロット形状)、PCIe 4.0X1 x1スロット、M.2 スロット (M2_3、Key E、Type2230 WiFi/BTモジュールをサポート)x1スロット。有線Intel I211-ATギガビットLAN、Realtek ALC1200 8CH HD Audio Codecなど。

 
メーカーASRock
ブランドASRock/Pro
シリーズAMD 500シリーズ
対応ソケットSocket AM4
対応CPU第3/2世代AMD Ryzen シリーズ [Matisse、Pinnacle Ridge、Picasso] ※第1世代Ryzen(Summit Ridge)およびAMD 第7世代AシリーズAPU(Bristol Ridge)には非対応となります。Raven Ridgeは後日BIOSアップデートで対応予定です。
搭載チップセットAMD X570
メモリスロット4× DDR4 UDIMM
メモリ最大搭載容量最大128GB (32GB×4)
メモリチャンネルアーキテクチャー2「デュアルチャンネル」
対応メモリプロファイルタイプXMP
ECCメモリ対応ECC対応 (un-bufferedメモリ対応 : ECC機能の有効・無効は使用するプロセッサーにより異なります)
グラフィックス出力機能1× HDMI 2.0
1× DisplayPort 1.2
(2画面出力対応 : 第2世代Ryzen 3000G「Picasso」などのGPUを内蔵するAPU搭載時のみ利用可能)
拡張スロット1× PCIe 4.0×16 スロット (※第2世代Ryzen搭載時はPCIe 3.0までの対応。第2世代Ryzen 3000G(Picasso)搭載時の動作モードは×8 (PCIe3.0) となります)
1× PCIe 4.0×4 スロット (×16スロット形状 : 第2世代Ryzen搭載時はPCIe 3.0までの対応)
1× PCIe 4.0×1 スロット (第2世代Ryzen搭載時はPCIe 3.0までの対応)
1× M.2 スロット (M2_3、Key E、Type2230 WiFi/BTモジュールをサポート)
マルチGPU対応2-Way AMD CORSSFIRE
オーディオ機能Realtek ALC1200 8CH HD Audio Codec (8CH オーディオ出力はフロントパネルのHDオーディオモジュールを使用時に対応)
ストレージ機能1× M.2 スロット (M2_1、Key M、Type 2242/2260/2280 SSD対応、M.2ヒートシンク付き(チップセットの冷却も兼ねている為取り外しての利用は非推奨)、PCIe 4.0/3.0×4 接続をサポート ※第2世代Ryzen搭載時はPCIe 3.0までのサポートとなります。)
1× M.2 スロット (M2_2、Key M、Type 2230/2242/2260/2280 SSD対応、SATA もしくは PCIe 4.0/3.0×4 いずれかの接続をサポート ※第2世代Ryzen搭載時はPCIe 3.0までのサポートとなります。)
8× SATA 6Gb/s ポート (AMD X570 [RAID 0/1/10 対応])
USBポート1× USB3.1 Gen2 (USB3.2 Gen2) Type-C (AMD X570 : 1× バックパネル)
1× USB3.1 Gen2 (USB3.2 Gen2) Type-A (AMD X570 : 1× バックパネル)
6× USB3.0 (USB3.2/3.1 Gen1) Type-A (AMD CPU内蔵USB + AMD X570 : 6× バックパネル)
2× USB3.0 (USB3.2/3.1 Gen1) ポート (AMD X570 : 1× 基板上コネクタ、2ポート対応)
4× USB2.0 ポート (AMD X570 : 2× 基板上コネクタ、4ポート対応)
ネットワーク機能1× Gigabit LAN (RJ45) ポート (Intel I211AT)
無線ネットワーク機能--
LEDエフェクト--
バックパネルポート1× DisplayPort ポート
1× HDMI ポート
1× PS/2 キーボード/マウス ポート
1× USB3.1 Gen2 Type-C ポート
1× USB3.1 Gen2 Type-A ポート
6× USB3.0 (USB3.1 Gen1) Type-A ポート
1× LAN (RJ45) ポート
3× オーディオジャック
マザーボード規格Micro-ATX (244 × 244 mm)
付属品クイックインストレーションガイド、サポートDVD、I/Oシールドパネル、SATAケーブル×2、M.2ネジセット
保証期間2年間
JAN/EUCコード4717677338812
発売日2019-07-20
image
ASRockスタンダードマザーボード「PRO」シリーズ! 第3/2世代AMD Ryzenプロセッサー対応AMD X570チップセット搭載MicroATXサイズ! RGB LEDテープ接続ヘッダ、USB3.1 Type-C、2つのPCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロット、intel 1GbEなどを搭載しています。
X570M Pro4
税込価格: 26,784円

送料無料

新発売

詳しく見る

X570チップセット搭載のMicroATXフォームファクタを採用するマザーボードは7/20現在、同製品のみとなっておりレイアウトも悪くない事から待ち望んでいた人が多く、過去のPro4シリーズも常に長期定番化していることもあり、本作もド定番のMicroATXマザーとなりそうだ。

ATX版も登場

どちらかと言えばこちらのATXフォームファクタがASRock Pro4シリーズのベースモデルとなるが、Proシリーズの機能性、実装コンポーネントのバランスなどを考えるとMicroATXフォームファクタが黄金比となるケースが多く、トピック的には番手として紹介される事が多い。

ただ本製品はBTOパソコンなどの採用実績も多く、シンプルにnon-OC、1GPUで構築する場合は無駄なくモストベターなマザーボードと言っていいかもしれない。

ASRockスタンダードマザーボード「PRO」シリーズ! 第3/2世代AMD Ryzenプロセッサー対応AMD X570チップセット搭載ATXサイズ! RGB LEDテープ接続ヘッダ、USB3.1 Type-C、2つのPCIe4.0/3.0×4接続対応M.2スロット、intel 1GbEなどを搭載しています。
X570 Pro4
税込価格: 22,658円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。