image

アークのラーメン王子によるアキバ界隈、不定期ラーメンレポート「角煮酢豚麺 ゆきふじ」編

アークのラーメン王子によるアキバとその周辺のラーメン屋さんの食べ歩き日記、オススメラーメンの感想をバイヤー暦12年の経験を活かして?チラ裏レベルの文章力で書き殴るノークレームノーリターン系コンテンツ、「角煮酢豚麺 ゆきふじ」編

ビュー: 838
公開日: 2019-10-21

「角煮酢豚麺 ゆきふじ」で紅湯麺(フォンタンメン)を食す

ども~、最近ラーメンの食べ過ぎで太り始めてきたアークのラーメン王子で~す。

まぁ今に始まった事ではありませんがこの年になると今までと同じ量を食べているだけで太るというこの恐怖。そして間近に控えてる健康診断が気が気じゃない・・・

そんな王子に朗報!スープに動物系の脂を一切使わず太らないことを前提に作られた燃焼系ラーメンを出すお店があると言うのでこりゃあ、行くしかない!早速Goだぁ!

場所は小川町にある「角煮酢豚麺 ゆきふじ」と言うお店なんですが千代田線の新御茶ノ水駅 B3b出口から徒歩1分と言う素晴らしい立地も魅力的ですね。

image

中華そばに鶏白湯もなかなか評判がいいみたいですが、王子の目的は一番下のここのオリジナルラーメン”紅湯麺(フォンタンメン)”!

これをいくら食べようが太らないなんて夢のようなラーメンですね。(まぁ誰もそこまでは言ってませんが・・・)

そして動物系を使わずにどこまで旨味を出せるかが注目ですね。

ではお邪魔しま~す。

image

何やら見たところ自慢の角煮はお昼限定でしか出してないみたいですね。 通常はチャーシューがデフォになっている様です。

とりあえず王子はいろいろなトッピングを楽しめる”特製紅湯麺”にしてみたいと思いま~す。(せっかくの紅湯麺も結局いろいろ乗せてるから太るんじゃね?と思ってみたりして・・・)

image

はい、お待たへ

これが”特製紅湯麺”になりま~す。こりゃなかなかトッピングが盛り盛りですな。

オリジナルとは言え、見た感じはそんな変わった感は感じられませんね。それでは頂きたいと思いま~。

image

やはりこだわりはこのスープですよね。

見た感じ雑味が無いスープですが酸味と辛味が程よく効いており、複数のスパイスから織りなされるアジアンテイストな作りとなっておりますが結構優しめで食べやすい仕上がりになってます。

刺激が欲しい方は辛くすることも出来ますので試しみるのもいいかと思います。

image

麺は中細のストレート麺で丁度いい感じです。

image

トッピングのワンタンも悪くないですがこのレアチャーシューが超美味ティー!

角煮も気になりますがこのチャーシューも非常にいい出来ですね

image

そして当たり前の様に載っているパクチー、苦手な方は無しにする事も出来ますがこのラーメンにはパクチーが非常に合いますので是非おススメです。

image

総評:デフォではそんなに辛味はないので刺激が欲しい方は増した方が良い。なかなか完成度も高く満足のいく一杯になっている。これで太らないなら素晴らしいが結局チャーシューは食べたいので±0って事で

ラーメン王子オリジナルチェックシート

店名 角煮酢豚麺 ゆきふじ
住所 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-3-11 駿河台谷古宇ビル 1F
営業時間 11:00~15:10 /(火)・(木)18:00~21:00 [土・祝 11:45~15:00]
定休日 日曜日
アークから徒歩 16分
オススメラーメン 中華そば・紅湯麺
お会計方法 券売機で先にお会計。
お水は? カウンターに給水ポットあり。
お箸は? リサイクル箸
ティッシュは? カウンター下に箱ティッシュ常備
テーブル席は? カウンター・テーブル両方あり
ラーメン王子来店日 2019年10月15日(火)
image

フンフンフン、ワイだぜェ、アークマンだぜェ。マイルドだろぉ

へっへっへ、王子もだいぶ丸くなってきたな。こりゃ近いうちにワイと同じ等身になるに違いねぇ。

そう言やぁ、この間は王子とラーメン食いに大森まで遠征に行ったけど、いまラーメンと言えば蒲田が熱いらしいな、次は蒲田で行進してくるしかねぇな

こりゃ楽しみだぜぇ、あそこの街はカオスな店が多いからなぁぐへへ

おっと、これ以上言うと王子の嫁に感付かれて連れてって貰えなくなるんでこれくらいでやめとくぜ、ばれない様にこっそり行ってくるんで今日はこの辺でドロンするぜ、じゃにゃ~

関連記事