image

SteelSeries からフィーリングの異なる2種類のスイッチをラインナップするゲーミングキーボード「APEX 7/APEX 7 TKL」が発売

SteelSeriesから、好みに合わせ2種類のメカニカルスイッチスイッチから選択可能なゲーミングキーボード「APEX 7/APEX 7 TKL」が発売された。「APEX 7」がフルサイズ、「APEX 7 TKL」がテンキーレスモデルとなっている。

ビュー: 1363
公開日: 2019-11-28 new

滑らかで美しいデザインのメカニカルゲーミングキーボード

image
image
Apex 7
image
Apex 7 TKL

APEX 7/APEX 7 TKLは、SteelSeriesのフラグシップゲーミングキーボード「APEX PRO」のキースイッチ(OmniPointSwitch)を、SteelSeries QX2 RGB メカニカルスイッチに変更した新たなシリーズだ。

APEX PROとの大きな違いはキースイッチのみのとなりデザイン、機能などは同一。只、APEX 7シリーズにはAPEX PROには無いテンキーレスモデルが用意されている。

image
image

SteelSeries QX2 RGB メカニカルスイッチは、リニア/静音タイプの赤色スイッチと、タクタイル/クリッキータイプの青色スイッチの2種類のスイッチから選択可能。打鍵時のフィーリングは異なるがキースイッチのスペック的にはキーストローク4mmアクチュエーションポイント2mm押下圧45cNスイッチ耐久5000万プレスと2種類共に同じだ。

尚、海外ではSteelSeries QX2 RGB メカニカルスイッチの茶色スイッチを搭載したモデルも存在するが、日本国内では未発売となっている。

キー配列も日本語配列版英語配列版から選択できるよになっているので計8モデルから選べるようになっている。

image
image

APEX PROと同様に本体右上には有機ELスマートディスプレイを搭載しゲームやアプリからの情報を確認することができるのが特徴だ。

有機ELスマートディスプレイのさらに右側にはメタルローラーメディアキーを搭載しオンザフライでマルチメディアコントロールが可能となっている。但し、APEX 7 TKLに搭載されている有機ELスマートディスプレイ、メタルローラーとメディアキーは、フルサイズのAPEX 7と比較し横幅が小さくなっている。

image
image
image

その他、航空機級のアルミニウム合金を使用したフレームの採用や、他のSteelSeries製品と同期可能なRGBイルミネーション、マグネット式リストレスト、USBパススルーポートの搭載などの仕様もAPEX PROと同様となっている。

image

APEX PROのOmniPointSwitchのようにアクチュエーションポイントの調整ができたり、驚異的なキースイッチ耐久力を誇る訳ではないが、SteelSeries QX2 RGB メカニカルスイッチもゲーム向けに独自に開発されたメカニカルスイッチとなっているので性能的には問題無いだろう。

何より有機ELスマートディスプレイが引き継がれているのはうれしい限りだ。

価格は高めだが購買意欲を掻き立ててくれるシリーズだ。是非検討してみていただきたい。

製品仕様

64639
9% OFF
税込価格: 22,770円
詳しく見る
64636
9% OFF
税込価格: 22,770円
詳しく見る
64772
9% OFF
税込価格: 23,760円
詳しく見る
64774
9% OFF
税込価格: 23,760円
詳しく見る
64649
9% OFF
税込価格: 19,305円
詳しく見る
64646
9% OFF
税込価格: 19,305円
詳しく見る
64756
9% OFF
税込価格: 19,800円
詳しく見る
64758
9% OFF
税込価格: 19,800円
詳しく見る

関連記事