image

ASUS、ROG最上位グレードの全部乗せIntel X299搭載マザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME ENCORE」が登場

ASUS ROGシリーズからIntel X299チップセット搭載ソケットLGA2066に対応する最新のテクノロジーを網羅した全部載せ系E-ATXマザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME ENCORE」とATXサイズの「ROG STRIX X299-E GAMING II」が2019年11月15日(金)より発売を開始。新型Core-Xシリーズ(Cascade Lake-X)登場に先駆けて各社対応マザーボードが一足早く秋葉原店舗に並んだ。

ビュー: 1074
公開日: 2019-11-19

最上位グレードのインテルCore-XシリーズCascade Lake-X プロセッサー向けE-ATXマザーボード

image

ASUS「ROG RAMPAGE VI EXTREME ENCORE」はソケットLGA2066のIntel Core-XシリーズのSkylake-Xプロセッサーに対応する最新機能を詰め込んだIntel X299チップセット採用のE-ATXマザーボード「ROG RAMPAGE VI EXTREME OMEGA」に改良を加えた後継モデルで2019年11月15日(金)より販売を開始している。

image

主な特長

最大4基のM.2搭載可能、OLEDパネル「LiveDash」搭載、10Gb有線LANの搭載、最大データ転送速度20GbpsをサポートするUSB3.2 Gen2×2に対応、高耐久PCI Expressスロットの「SafeSlot」実装、LEDでマザーボードを美しく照らす「Aura」機能の搭載、マザーボード一体型のバックパネル採用など、最新のコンピューターとASUSテクノロジーを可能な限り搭載し、最上位を目指した超多機能マザーボード。

Intel Core-XシリーズのCascade Lake-Xに対応するにあたりマザーボードの電力設計を強化し標準的な熱性能を維持しながら、チーム化されたパワーステージを使用して急速に変わる電流に対応した。

image

主な仕様はソケットはLGA2066のCascade Lake-XやSkylake-Xに対応(Kabylake-Xは非対応)、チップセットはIntel X299、メモリーは288Pin DDR4(OC対応)x8ソケット(最大256GB)。 ストレージはM.2スロット(Key M、Type 2242/2260/2280/22110) PCIe Gen3×4) x2、M.2スロット(Key M、Type 2242/2260/2280) PCIe Gen3×4) x1、とM.2スロット(Key M、Type 2242/2260/2280) PCIe Gen3×4 またはSATA 6Gb/s) x1、 SATA 6Gbps x8。 拡張スロットはPCIe 3.0X16 x3、PCIe 3.0X4 x1。 ネットワークは有線10GbLAN x1(AQUANTIA AQC107)、Gb LAN x1 (intel I219-V)、そして無線LAN Wi-Fi 6 IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth 5 (intel AX200) x1。 オーディオ機能はROG SupremeFX S1220 (Realtek) 8CH HD Audio Codec。 USBはASMedia ASM3242 USB3.2 Gen2x2(バックパネルにType-Cが1つ)のほかフロントパネル向けUSB3.1 Gen2 Type-Cコネクターx2、などを備えている。

フォームファクタはE-ATXでサイズは305x277mm。

すべての面で最高を目指した超多機能ROGマザーボード「RAMPAGE」の最上位モデル! インテル Core Xシリーズ・プロセッサー対応intel X299チップセット搭載E-ATXサイズ! 最大データ転送速度20GbpsをサポートするUSB3.2 Gen2×2に対応。RGB LEDイルミネーション機能、PCIe接続対応M.2スロットを合計4スロット、Aquantia 10GbE、intel GbE、Intel WiFi 6 & BT 5 無線LANなどを搭載。
ROG RAMPAGE VI EXTREME ENCORE
税込価格: 88,799円

送料無料

新発売

詳しく見る

Cascade Lake-Xに最適化された ROG STRIX X299-E GAMING II

image

前作の「ROG STRIX X299-E GAMING」からCPU電源周りなど改良された後継モデル「ROG STRIX X299-E GAMING II」も2019年11月15日(金)より発売を開始した。

image

主な特長

ProCool II電源コネクタ、合金チョーク、およびマルチコアプロセッサをサポートする耐久性のあるコンデンサを備えた12のパワーステージや、最大3基のM.2搭載可能、OLEDパネル「LiveDash」搭載、2.5Gbps LANとIntelギガビットによるデュアルLANやMU-MIMOをサポートしたWi-Fi 6(802.11ax)を搭載する点など。

image

主な仕様はソケットはLGA2066のCascade Lake-XやSkylake-Xに対応(Kabylake-Xは非対応)、チップセットはIntel X299、メモリーは288Pin DDR4(OC対応)x8ソケット(最大256GB)。 ストレージはM.2スロット(Key M、Type 2242/2260/2280/22110) PCIe Gen3×4) x2、とM.2スロット(Key M、Type 2242/2260/2280/22110) PCIe Gen3×4 またはSATA 6Gb/s) x1、 SATA 6Gbps x8。 拡張スロットはPCIe 3.0X16 x3、PCIe 3.0X4 x1、PCIe 3.0X1 x1。 ネットワークは有線2.5Gigabit LAN x1(Realtek RTL8125-CG)、Gb LAN x1 (intel I219-V)、そして無線LAN Wi-Fi 6 IEEE 802.11a/b/g/n/ac/ax+Bluetooth 5 (intel AX200) x1。 オーディオ機能はROG SupremeFX S1220A (Realtek) 8CH HD Audio Codec。フロントパネル向けUSB3.1 Gen2 Type-Cコネクターx1、などを備えている。

フォームファクタはATXでサイズは305x244mm。

ASUSゲーマー向けマザー「ROG STRIX」シリーズ! インテル Core Xシリーズ・プロセッサー対応intel X299チップセット搭載ATXサイズマザー! カスタマイズ可能なRGB LEDイルミネーション機能、3つのPCIe3.0×4接続対応M.2スロット、Realtek 2.5GbE、intel 1GbE、Intel WiFi 6 & BT 5 無線LANなどを搭載しています。
ROG STRIX X299-E GAMING II
税込価格: 52,800円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連記事

ライター

チャンプ

フリーライター、元パーツSHOP店員のスキルを活用してレビューや記事を執筆。趣味のカメラを活かして家族や風景写真を撮りまくる熱烈パパ。