image

インテル、Core i9-10980XEを含む「Cascade Lake-XベースのCORE X シリーズプロセッサー」2モデル国内販売開始

インテルのソケット「LGA2066」に対応する開発コードネーム「Cascade Lake-X」のCORE Xシリーズプロセッサーが2019年11月29日(金)16:00より国内でも販売を開始。 入荷を確認したのは18コア36スレッドの「Core i9-10980XE (BX8069510980XE)」と、10コア20スレッドの「Core i9-10900X (BX8069510900X)」の2モデルでどちら極少量。

ビュー: 1851
公開日: 2019-11-29 (更新 2019-11-30) new

開発コードネーム「Cascade Lake-X」のCORE-Xシリーズ登場

image

2019年11月29日(金) 16:00より開発コードネーム「Cascade Lake-X」ベースのインテルのソケットLGA2066に対応するデスクトップ用ハイエンドプロセッサー「Core Xシリーズ」2モデルが国内でも販売を開始した。

image
image

販売を確認したのはCore i9-10980XE (BX8069510980XE)( LGA2066 / 18コア36スレッド / 3.0GHz(ターボブースト時 4.6 GHz/ターボブーストMAX3.0時 4.8GHz)/ 24.75MB スマートキャッシュ / 最大PCIeレーン数 48 / TDP 165W)と、Core i9-10900X (BX8069510900X)(LGA2066 / 10コア20スレッド / 3.7GHz(ターボブースト時 4.5 GHz/ターボブーストMAX3.0時 4.7GHz)/ 19.25MB スマートキャッシュ / 最大PCIeレーン数 48 / TDP 165W)の2モデル。

image

「Cascade Lake-X」は14nmプロセスで製造されるインテルの「Core Xシリーズ」の一つで。 従来品のSkylake-XやSkylake-Refreshの後継として改良が加えられ各種性能が向上しつつも価格は従来の約半分とコストパフォーマンスの改善が最大のハイライトといっても過言ではないソケットLGA2066対応のHEDT(ハイエンドデスクトップ)プロセッサー。

主な特長としては、前作比で動作クロックが向上、メモリーはDDR4-2933まで対応が上がり、最大搭載容量も256GBに増加している。

その他、PCI-Express3.0が44レーンから48レーンへ、AI処理向け機能「Intel DL Boost」(Intel Deep Learning Boost)、2.5ギガビットLANコントローラIntel「i225」、Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)コントローラIntel「Wi-Fi 6 AX200」などへの新対応など。

対応マザーボードは従来通りソケットLGA2066(X299チップセット)に対応しているがTDP上限が満たしていないマザーボードは使用できないケースもある。 またBIOSも対応のものにアップデートする必要がある。 そしてクーラーは別売なので買い忘れなきよう留意しておきたい。

 
型番BX8069510900XBX8069510980XE
シリーズインテル Core X (CL-X)インテル Core X (CL-X)
メーカーintelintel
対応ソケットLGA2066LGA2066
コードネームCascade Lake-XCascade Lake-X
コア数10コア18コア
スレッド数20スレッド36スレッド
動作クロック3.7GHz3.0GHz
最大クロック(ターボブースト時)4.5GHz4.6GHz
インテル ターボ・ブースト・マックス・テクノロジー 3.0 の動作クロック4.7GHz4.8GHz
スマートキャッシュ19.25MB24.75MB
TDP165W165W
対応メモリーDDR4-2933/DDR4-2666/DDR4-2400DDR4-2933/DDR4-2666/DDR4-2400
対応メモリーサイズ最大256GB最大256GB
メモリーチャンネル4「クアッドチャンネル」4「クアッドチャンネル」
ECCメモリ対応ECC非対応ECC非対応
PCI Express リビジョン3.03.0
PCI Express 最大レーン数4848
CPUクーラー付属なし (別売り)なし (別売り)
倍率ロックフリー対応対応
保証期間3年間3年間
JAN/EUCコード07358584297020735858433396
発売日2019-11-29
2019-11-29
アーク参考価格読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細

初回の流通量は極少量でその後のサプライもあまり付いていない事もあり必要な場合は早めに手配、もしくは確保しておく事をおススメしたい。

▼関連記事・レビュー(外部サイト)


関連記事