image

G.Skill Trident Z Neoに大容量32GBモジュール採用OCモデルがアキバに登場

G.SKillからAMD第3世代RyzenプロセッサーとX570チップセットやRyzen Treadripper向けにチューンされた「Trident Z Neo」シリーズに32GBモジュール採用のDDR4-3200選別オーバークロック大容量モデル各種がアキバのPCパーツショップに入荷、販売を開始している。 シリーズ初の32GBモジュール採用により8枚で256GBを実現。

ビュー: 1563
公開日: 2020-02-16

AMD 第3世代Ryzen向けOCメモリ「Trident Z Neo」に32GBモジュール採用大容量モデル

image

G.SKillからAMD第3世代RyzenプロセッサーとX570チップセットの組み合わせやThreadripper向けにチューンされた「Trident Z Neo」シリーズに32GBモジュールを採用した大容量モデル3製品がアキバのPCパーツショップに入荷、販売を開始している。

image

今回入荷、販売を確認したのは32GBモジュール x2枚組 64GBセット「F4-3200C16D-64GTZN」と、32GBモジュール x4枚組 128GBセット「F4-3200C16Q-128GTZN」32GBモジュール x8枚組 256GBセット「F4-3200C16Q2-256GTZN」の3モデル。

 
シリーズTrident Z NEOTrident Z NEOTrident Z NEO
メーカーG.SkillG.SkillG.Skill
メモリータイプ288Pin DDR4-UDIMM288Pin DDR4-UDIMM288Pin DDR4-UDIMM
バッファー エラー検出機能(ECC)Unbuffered non-ECCUnbuffered non-ECCUnbuffered non-ECC
メモリープロファイルタイプXMPXMPXMP
テスト(XMP)速度DDR4-3200/PC4-25600DDR4-3200/PC4-25600DDR4-3200/PC4-25600
テスト(XMP)レイテンシー / 電圧CL16-18-18-38@1.35VoltCL16-18-18-38@1.35VoltCL16-18-18-38@1.35Volt
SPD メモリー速度DDR4-2133/PC4-17000DDR4-2133/PC4-17000DDR4-2133/PC4-17000
SPD レイテンシー / 電圧CL15-15-15-36@1.2VoltCL15-15-15-36@1.2VoltCL15-15-15-36@1.2Volt
合計メモリー容量64GB128GB256GB
容量構成32GBモジュール x2枚セット32GBモジュール x4枚セット32GBモジュール x8枚セット
マルチチャンネル対応デュアルチャンネルデュアルチャンネル x2/クアッドチャンネルクアッドチャンネル x2
チップメーカー / チップタイプ非公開 / 非公開非公開 / 非公開非公開 / 非公開
RANK数(1枚辺り) / チップ数非公開 / 非公開非公開 / 非公開非公開 / 非公開
モジュールタイプ10層基板10層基板10層基板
ヒートスプレッダー / カラー搭載 Trident Z Neo / 黒(ブラック) / 銀(シルバー) (2トーンカラー)搭載 Trident Z Neo / 黒(ブラック) / 銀(シルバー) (2トーンカラー)搭載 Trident Z Neo / 黒(ブラック) / 銀(シルバー) (2トーンカラー)
ヒートシンク高44(H)mm44(H)mm44(H)mm
発光ユニット / LEDカラー搭載 / RGB 8分割アドレサブル搭載 / RGB 8分割アドレサブル搭載 / RGB 8分割アドレサブル
保証期間限定ライフタイム保証限定ライフタイム保証限定ライフタイム保証
発売日2020-02-07
2020-02-07
2020-02-07
アーク参考価格読み込み中読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細 製品詳細

この他、DDR4-2666モデルも同時リリースされているがパソコンSHOPアークではシリーズ特長、本質などを踏まえ今の所取り扱う予定はないとの事。

image

Trident Z Neo」は「Trident Z RGB」や、「Trident Royal」など同社フラグシップかつ人気の「Trident Z」シリーズの一つとしてラインアップされたG.SKillの定番シリーズ。

採用するヒートスプレッダはTrident Z RGBをベースに改良を加えたマイナーチェンジタイプでセンター部分の溝の垂直から斜めカットに変更、またカラーリングをブラックとシルバーの2トーンに変更、上部に実装されたライトバーは従来シリーズ同様に8分割のアドレサブルRGB LEDを採用、専用ソフト(無料ダウンロード)から制御可能、また主要各社マザーボードとの連動にも対応させることができる。


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。