image

MSIから長さ約155mmの省スペースタイプのRADEON RX 550搭載「RADEON RX 550 AERO ITX 4G OC」が登場

MSIのAERO ITXシリーズからRADEON RX550(8CU)GPU搭載シングルファン、ショートサイズ設計の「RADEON RX 550 AERO ITX 4G OC」が登場。2スロット占有、補助電源不要モデルで2020年3月28日(土)より販売を開始している。

ビュー: 2309
公開日: 2020-03-30
関連タグ:

給電コネクタ不要、省スペースな動画鑑賞やマルチディスプレイPCなどに最適

MSIのAERO ITXシリーズからRADEON RX 550(8CPU) GPU搭載のグラフィックボードが登場。 2020年3月28日(土)よりアキバのPCショップなどで販売を開始している。

image

入荷を確認したのはオーバークロック仕様のRADEON RX550 メモリー4GBでシングルファン、ショートサイズ、2SLOT、補助電源不要設計の「RADEON RX 550 AERO ITX 4G OC」。

image

主な特長は長さ約155mmの省スペース設計、ペースが限られている小型PCやHTPCへの組み込みにも最適としている。また、Radeon RX 5000シリーズは非対応となっている映像補完技術FluidMotionに対応しているのもポイント。

3Dゲームはやらないけど動画鑑賞やマルチディスプレイなどを構築する環境にニーズがありそうだ。

主なスペックは、GPUブーストクロックは1203MHz (OC)、メモリースピードは6000MHz、メモリーはGDDR5で容4GB、メモリバス128-bit、バックプレートは非搭載。

image

その他の仕様は、出力インタフェースがDisplayPort 1.4 x1、HDMI 2.0b x1、DL-DVI-D x1で、電源コネクタ無し、サイズは115(L)×112(W)×38(H) mmで2スロット占有タイプ、重量は285g。

AMD RADEON RX 550を搭載。約155mmの省スペースモデルとなるオーバークロック仕様のグラフィックボード。搭載メモリ4GBモデル。
MSI
RADEON RX 550 AERO ITX 4G OC
税込価格: 9,680円

新発売

詳しく見る

関連記事

ライター

チャンプ

フリーライター、元パーツSHOP店員のスキルを活用してレビューや記事を執筆。趣味のカメラを活かして家族や風景写真を撮りまくる熱烈パパ。