image

CFDブランドから書込みが高速なTLC NANDタイプの東芝製SSD採用 2.5インチ SATA接続スタンダードモデル各種

2016年2月19日(金)よりCFDスタンダードシリーズのToshiba製TLC NANDタイプ2.5インチ7mm厚、SATA接続対応SSD容量120GB~480GBの3モデル( CSSD-S6T120NMG1Q、CSSD-S6T240NMG1Q、CSSD-S6T480NMG1Q )が販売を開始した。 保証期間は3年、2.5-3.5インチ変換マウンターが付属している。

ビュー: 6223
公開日: 2016-02-20
関連タグ:

CFDからTLC NANDタイプToshiba製SSD採用モデルが販売開始

image

CFDブランドのスタンダードシリーズにToshiba製TLC NANDタイプ、2.5インチ、高さ7mm、SATA接続対応のSSDが販売を開始した。

容量は120GB、240GB、480GB、960GBの4モデル展開となっているが2月19日(金)時点で販売を確認したのは120GBモデルの「CSSD-S6T120NMG1Q」 、「240GBモデルの CSSD-S6T240NMG1Q」 、480GBモデルの「CSSD-S6T480NMG1Q」の3モデル。

他社、同クラスの製品と比べ、書込みスピードが優れている事をアピールしている、保証期間は3年で、2.5-3.5インチ変換マウンターが付属している。

リード、ライトの公式値は不明?

このシリーズの公称転送速度は今の所公開されていない、CFD販売の製品詳細ページもパッケージにも同社が独自に行なったベンチマークの数値が記載されている。

とはいえ実測での連続書込みスピードは同系と比較しても中々良好のようだ。

CFD社により測定された参考値を以下にまとめてみた。

image
モデル名 CSSD-S6T120NMG1Q CSSD-S6T240NMG1Q CSSD-S6T480NMG1Q CSSD-S6T960NMG1Q
容量 120GB 240GB 480GB 960GB
連続読込み 551.4MB/s 551.4MB/s 551.0MB/s 550.8MB/s
連続書込み 474.2MB/s 516.3MB/s 511.5MB/s 518.9MB/s

測定環境

  • CPU : Core i7-4790K
  • マザーボード : GIGABYTE GA-Z97X-UD5H rev.1.0
  • OS : Windows 8.1 Pro 64bit版 Update
  • ODD : LG GH20NS10

スタンダードなSATA SSDとしてはスペック、信頼性などは申し分なさそうだ、残る課題は崩れに崩れた現在のエンドマーケット価格にどこまで寄せれば付加価値を認めてもらえるかになりそうだ。

主な仕様

共通スペック
フォームファクター 2.5inch
インターフェース SATA 6Gbps
コントローラーチップ 非公開
フラッシュ TLC
対応コマンド NCQ、TRIM
本体寸法 100.0x69.85x7.0mm
パッケージ寸法 160x110x20mm
動作温度 0~65℃
保証期間 3年
付属品 2.5-3.5変換マウンター
RoHS
PSE 対象外
電波法 対象外

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。
PR
Microsoft Store (マイクロソフトストア)
PR Microsoft Store (マイクロソフトストア)