image

ASUS、Thunderbolt 3を増設する拡張カード「ThunderboltEX 3-TR」発売

ASUSから同社インテル 400シリーズチップセット搭載マザーボードにThunderbolt 3を増設可能なPCI-Express (3.0) X4接続対応拡張カード「ThunderboltEX 3-TR」が登場。 Intel Thunderbolt 3 JHL7540 コントローラー採用でUSB Type-Cによるquick charge 最大100W (20V/5A) 出力に対応する。

ビュー: 3349
公開日: 2020-06-06

ASUS製intel 400シリーズチップセット搭載マザーボード専用Thunderbolt 3増設カード

ASUSからThunderbolt 3を増設可能なPCI-Express (3.0) X4接続対応拡張カード「ThunderboltEX 3-TR」が登場。 2020年6月5日(金)より販売を開始している。

image

「ThunderboltEX 3-TR」はASUS指定のインテル400シリーズチップセット搭載マザーボードにPCI-Express (3.0) X4接続で転送速度40Gb/sを対応のThunderbolt 3ポート増設可能。また、DisplayPort 1.4テクノロジーを組み込んで、8Kビデオファイルの転送と表示を同時に行うこともできる。

image

主な特長として制御チップにIntel JHL7540 Thunderbolt 3 Controllerを採用し最大6デバイスまでデイジーチェーン可能、2つあるType-Cポートのうち一つは最大20V/5A (100W) 給電可能なquick chargeに対応、もう一つのType-Cポートは最大9V/3A (27W) に対応する。なお、quick charge機能を利用する場合はカード上PCIe用6pin補助電源ケーブルを接続する必要がある。

image

主な仕様はThunderbolt 3 (USB Type-C)x2ポート、そして入力用としてMini-DisplayPor x2を備えている。増設に際してUSB 2.0ヘッダー×1、 Thunderboltヘッダー×1、6ピンPCIe電源コネクタ×1を搭載。

Thunderboltヘッダーはピン数が以前の「5pin」から「14-1pin」へ変更になっているため、intel 300シリーズチップセット搭載マザーボードでは使用できないので留意が必要だ。

6月5日現在、メーカーが公表する対応マザーボードは以下の通り

  • ROG MAXIMUS XII EXTREME
  • ROG MAXIMUS XII FORMULA
  • ROG MAXIMUS XII APEX
  • ROG MAXIMUS XII HERO(WI-FI)
  • ROG STRIX Z490-E GAMING
  • ROG STRIX Z490-F GAMING
  • ROG STRIX Z490-A GAMING
  • TUF GAMING Z490-PLUS (WI-FI)
  • TUF GAMING Z490-PLUS
  • PRIME Z490-A
  • PRIME Z490-P
  • TUF GAMING H470-PRO (WI-FI)
  • TUF GAMING H470-PRO
  • PRIME H470-PLUS
image

付属品は、Mini-DisplayPortケーブル×2、14-1pin Thunderboltヘッダー接続ケーブル、USB2.0ヘッダー接続ケーブル、マニュアル、ドライバディスクで保証期間は1年としている。

「ThunderboltEX 3-TRカード」には、転送速度40Gb/sを双方向でサポートするThunderbolt 3ポートが搭載されています。 DisplayPort 1.4テクノロジーを組み込んで、8Kビデオファイルの転送と表示を同時に行うことができます。また、Thunderboltケーブルを使用して、最大6つのThunderbolt対応デバイスをデイジーチェーン構成での接続も可能です。
THUNDERBOLTEX 3-TR
税込価格: 11,799円

送料無料

新発売

詳しく見る

関連記事

ライター

チャンプ

フリーライター、元パーツSHOP店員のスキルを活用してレビューや記事を執筆。趣味のカメラを活かして家族や風景写真を撮りまくる熱烈パパ。