image

リード最大5000MB/s、PCIe Gen4X4対応のハイスペックNVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S50」シリーズより1TBと2TBモデルがADATAから

ADATAのゲーミングブランドXPGからPCIe Gen4×4 NVMe 1.3転送に対応しリード最大5000MB/sを実現したM.2 2280 SSD「XPG GAMMIX S50」シリーズ2モデルが登場。 容量1TBの「AGAMMIXS50-1TT-C」と、容量2TBの 「AGAMMIXS50-2TT-C」の2モデル展開で独自デザインのヒートシンク付、保証は限定5年のハイスペックモデル。

ビュー: 3525
公開日: 2020-07-26 (更新 2020-07-27) new
関連タグ:

リード最大5000MB/sのハイスペックNVMe M.2 SSD「XPG GAMMIX S50」がADATAから

image

ADATAのゲーミングブランドXPGからPCIe Gen4×4 NVMe 1.3転送に対応したM.2 2280 SSD「XPG GAMMIX S50」シリーズ2モデルが登場、2020年7月23日(木)より販売を開始している。

image

ラインアップは容量1TBの「AGAMMIXS50-1TT-C」と、容量2TBの 「AGAMMIXS50-2TT-C」の2容量バリエーション展開。

image

主な特長としては、PCIe4.0X4インターフェースでのNVMe 1.3転送に対応することでシーケンシャルリード最大5,000MB/s、シーケンシャルライト最大4,400MB/sの高速なデータ転送を実現している点。

それ以外にもSLCキャッシュとDRAMキャッシュバッファを実装し4KランダムIOPSはリード/ライト共に750,000IOPSまで向上、さらにLDPC(低密度パリティ検査)エラー修正符号技術により、安定性も高めている。

また、実装されたアルミニウム製のヒートシンクにより、通常より10度ほど温度を引き下げ安定したパフォーマンスを発揮することが出来るという。

シリーズ共通仕様としては、フォームファクタはM.2 2280、インターフェイスPCIe4.0X4 NVMe 1.3、サイズは80 x 22 x 6.1mm、重量 12g、MTBF 170万時間、保証期間は限定5年としている。

 
型番AGAMMIXS50-1TT-CAGAMMIXS50-2TT-C
シリーズGAMMIX S50GAMMIX S50
メーカーA-DATAA-DATA
フォームファクタM.2 type2280(22×80) PCIeM.2 type2280(22×80) PCIe
インターフェイスPCI-Express (4.0) X4 NVMe (NVM Express) NVMe 1.3PCI-Express (4.0) X4 NVMe (NVM Express) NVMe 1.3
ストレージタイプSSDSSD
内蔵 / 外付け内蔵タイプ内蔵タイプ
容量1TB2TB
キャッシュ-- DRAM搭載、SLCキャッシュ-- DRAM搭載、SLCキャッシュ
コントローラー-- 非公開-- 非公開
フラッシュメーカー-- 非公開-- 非公開
フラッシュタイプ3D TLC NAND3D TLC NAND
読込み速度シーケンシャルリード:最大 5000MB/sec
ランダムリード:最大 750000IOPS
シーケンシャルリード:最大 5000MB/sec
ランダムリード:最大 750000IOPS
書込み速度シーケンシャルライト:最大 4400MB/sec
ランダムライト:最大 750000IOPS
シーケンシャルライト:最大 4400MB/sec
ランダムライト:最大 750000IOPS
総書込みバイト量(Total Byte Written)1800TBW3600TBW
発売日2020-07-23
2020-07-23
アーク参考価格読み込み中読み込み中
  製品詳細 製品詳細

関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。