image

エンスージアスト向け、AMD 「Radeon RX 6900 XT」 GPU搭載リファレンスカード各種販売解禁

AMD新アーキテクチャ「RDNA 2」を採用する新世代GPU Radeon RX 6000シリーズを搭載したグラフィックスカード「Radeon RX 6900 XT」搭載リファレンスカード採用モデルの販売が2020年12月11日(金)19:00より解禁され開始した。 リファレンスカードは初回生産のみで出荷量はサンプル数量レベル。

ビュー: 3661
公開日: 2020-12-11 (更新 2020-12-12)

Radeon RX6900XT搭載グラフィックスカード販売開始

image

AMD新アーキテクチャ「RDNA 2」を採用する新世代GPU Radeon RX 6000シリーズを搭載したグラフィックスカード「Radeon RX 6900 XT」搭載リファレンスカードモデル各種が2020年12月11日(金)19:00に解禁され販売を開始した。

パソコンSHOPアークでは今回のRadeon RX 6900 XTリファレンスカード解禁分についてもオンラインストアのみでの販売としており、店舗での抽選販売などは行う予定無しとしている。 そんな中、入荷した製品はごく一部に留まり、解禁時に滑り込みで間に合ったのはASRock「RADEON RX6900XT 16G」、ASUS「RX6900XT-16G」、GIGABYTE「GV-R69XT-16GC-B」、PowerColor「AXRX 6900XT 16GBD6-M2DHC」、SAPPHIRE「SAP-RX6900XT16GB/21308-01-20G VD7483」、玄人志向の「RD-RX6900XT-E16GB」の計6モデル、同ショップでの入荷数量は極僅かとしている。

image

今回入荷した6モデルはすべてリファレンスカードで物的には同じとなる、ただしサポート体制、代理店などはメーカー毎に異なるので余裕があればお気に入りのブランド、メーカーのものを選択するのが良いかもしれない。

AMD「RDNA 2」アーキテクチャ採用

RDNA2はRDNAをベースに新たにレイトレーシングエンジン「Ray AcceleratorRA」を実装し、電力効率やパフォーマンスを改善しNVIDIA RTX30シリーズに対抗し得る期待のアーキテクチャ、これを搭載したRadeon RX 6000シリーズはRyzen 5000シリーズCPUとAMD 500シリーズチップセット搭載マザーボードとの組み合わせ限定で発動する新機能「Smart Access Memory」によりさらにパフォーマンスが向上することが可能で、RTX30シリーズなどのNVIDIAハイエンドカードへ対抗し得る久々の製品として高い注目を集めている。

その中でも今回登場したRadeon RX6900XTは現行クラス最上位のエンスージアスト向けとして市場に投入された形となる。

対抗との比較やベンチマークについては以下の大手メディアのレビューを参考にして欲しい。

メーカー公式サイト


関連記事

ライター

編集部 アーク石井

パソコンSHOPアークにてPC用メモリーバイヤー兼、管理職も勤める。 スキーとギターをこよなく愛す。アキバ歴23年を活かしたショップ視点でのメモリー関連の記事を主に担当している。